文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

古書を探す

明治維新150年カウントダウン 維新ふるさと館古書店 / 古本まつりに行こう

明治維新150年カウントダウン 維新ふるさと館古書店

期間

2018/10/27~2018/11/04

場所

鹿児島市維新ふるさと館受付前ロビー(入場無料 館内見学は有料) 鹿児島市加治屋町23番1号(西郷隆盛生誕地隣)

内容 他

○開館時間/9時~17時(最終入館16時半)

○参加店(予定) 鹿児島古書籍商組合加盟店+書肆ひぐらし(東京) 他


鹿児島の郷土誌で明治維新を訪ねる/鹿児島県古書籍商組合 古書リゼット 安井一之

古本屋を生業としていながら、老眼に追い打ちをかけるように、右目が黄斑変性症という病気になり、随分読書から離れていました。ところが、地元紙に書評を書かせていただく機会があったため、新刊書店で明治維新の本を立て続けに購入しています。例えば、有馬新七が綴った日記を小説にした本からは、有馬は決して「おいごと刺せ」と朝から晩まで吠え続ける人ではなく、むしろその逆の性格であったということを知りました。読書から得る知識や蘊蓄は楽しいですね。

伊牟田比呂多著「征韓論政変の真相」、原田伊織著「明治維新という過ち」等々を読み、明治維新の解釈や考え方は、多彩だと改めて思いました。特に西郷隆盛についての毀誉褒貶は極端で、西郷の実像を理解するのは本当に難しいですね。

ヨーロッパ中心史観を批判した、ドイツの歴史学者シュペングラーの言葉に、「去りゆく一切は比喩にすぎない」とあります。時間が過ぎる中で事実は取捨選択され、解釈も変わり史実でさえもたとえ話であるという意味です。新資料の発見など、新たな視点で書かれる新刊本を読むことも大事ですが、昔の歴史家や小説家などが書いた西郷の本も読むことで、自分にとっての西郷隆盛がさらに幅広く深く味わえると思います。

疾風怒濤の明治維新、薩摩が深く関わり維新を成し遂げた喜びや、西南戦争という大きな悲しみを読書で学んでみませんか。古本屋は、昔刊行された良書を次の世代に渡すのが仕事です。明治維新150年の節目に向けて、古本で鹿児島の歴史の魅力を届けたいと思います。

○連絡先:鹿児島県古書籍商組合 古書リゼット 090-7982-4380

即売展目録

なし

ホームページ

なし

古書月間 - 川端康成ノーベル文学賞受賞50年

花のワルツ花のワルツ 12,000円
純粋の聲純粋の聲 1,000円
旅の風景旅の風景 30,240円
童謡童謡 864円
落花流水落花流水 1,000円

メガドライブ発売30年 - デジタルゲームの世界