文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

古書を探す

地球を救うバイオマス・エネルギー 草や木で車が走る!

夢屋

地球を救うバイオマス・エネルギー 草や木で車が走る!

¥500

  • 著者 坂井 正康
  • 出版社 クリエイツかもがわ
  • 解説 2001年初版・ヤケ・隅スレ使用感・経年のヤケシミ
  • 販売条件等 長崎

クレジットカード使用可 銀行振込可 代引き可 公費可 海外発送不可

かごに入れる
気になる本に追加
印刷

店舗情報

〒804-0013
福岡県北九州市戸畑区境川2-8-5
TEL:093-881-7176
FAX:093-881-7176

福岡県公安委員会 第31369号
書籍商 夢屋

新着書籍

短歌 平成元年2月号 (目次/口絵:新・歌人アルバム:来嶋靖生・河野裕子 作品十四首/多年草:大西民子 湾―歌画集のためのエキス:岡井隆 なびけ この山:岡野弘彦 水沢ここに黒石寺:加藤克巳 秩父一杯水:片山貞美 絹雲流る:北沢郁子 樅の木坂の犬:佐佐木幸綱 脚ぢから:清水房雄 過渡:島田修二 冬動く:千代國一 鴨にあらまし:馬場あき子 黒暗:前登志夫 朴の落実:宮英子 飛天:安永蕗子 <特別鼎談>老年の華やぎと短歌:近藤芳美・加藤克巳・篠弘 自歌自解:田舎教師のころ:田中順二 われのきさらぎ:高島静子 特集/<老い>の青春の歌 高齢時代における若さ:吉田弥寿夫 「老いの青春歌」その方法と現代:来嶋靖生 老境詠と青春詠:西村尚 年齢にかかわらない歌:岩田正 青春歌と<老いの青春歌>:水野昌雄 老いの青春歌の変遷:藤岡武雄 古典和歌に見る<老い>の青春歌:島津忠夫 新聞歌壇に見る老いの青春歌:白石昻 カルチャーセンターと老いの青春歌:藤井常世 <老い>ない歌人たち:志垣澄幸 <老い>の青春歌百首:松平盟子 秀歌鑑賞:荻原裕幸・田島邦彦・増谷龍三・松本高直・宮岡昇・山埜井喜美枝 わが<老い>の青春歌 体内時間について:岡部桂一郎 前田夕暮先生を通して:香川進 わが<老い>の青春歌:千代國一 冬の空は明るかった:真鍋美恵子 わが<老い>の青春歌:持田勝穂 作品:十四首/赤き円錐:香川ヒサ 瀬戸の工房と山寺:春日井政子 中国江南の人々:国見純生 冬芽著し:鈴木英夫 挽歌:辻森秀英 みどりごづくし:塘健 しんかんと:鶴田佐智子 霜月某日:松本門次郎 こがらしの門:山本かね子 書評:米川千嘉子歌集「夏空の櫂」:今井恵子 馬場園枝歌集「庭彩ふ」:川合千鶴子 大島史洋評論集「定型の視野」:田島邦彦 大城勲歌集「小さき沖縄」:竹内温 山本健吉著「古典詞華集二」:中西進 瀬戸美子歌集「青炎の記」:中野照子 大塚泰治歌集「淅淅」:浜口忍翁 現代短歌月評:松坂弘 歌集歌書展望:沖ななも 現代歌誌月評:須藤若江 公募短歌館:田井安曇・稲葉京子選 他) ¥700
俳句研究 昭和40年3月号 (目次/特集:第12回現代俳句協会賞・候補作家小論 協会賞発表:現代俳句協会 決定経過:石原八束 船川渉について:赤尾兜子 穴井太について:赤城さかえ 文挾夫佐恵について榎本冬一郎 隈治人たち:金子兜太 桜井博道小論:田川飛旅子 志摩聡を推す:高柳重信 上月章について:内藤吐天 文挾夫佐恵小論:鈴木詮子 隈治人論:島田暉子 嘆きひとすぢ(第12回現俳協賞受賞五十句):文挾夫佐恵 野のひとり(第12回現俳協賞受賞五十句):隈治人 羽摶つもの:木村蕪城 雪:野沢節子 凍鶴抄:成瀬桜桃子 近影:浜田坡牛 無題:大橋嶺夫 松の幹:絵馬寿 続わが西部劇:東川紀志男 汚れぬ天:和田春土 冬雲:鈴木芳如 同人500号記念/菅裸馬翁回顧談:菅裸馬・楠本憲吉 「同人」周辺俳論年表:松井利彦 「同人」五百号記念詠草:湯村月村・鈴木鶉衣・高橋金窗・犬塚春径・花木伏兎・有田朝冷・久世車春・水谷桑陽・岡本圭岳・浜田月囚 現代俳句用語・表現辞典(二)楠本憲吉 現代俳句研究年表(15):松井利彦 俳論月評:藤岡筑邨 俳論月評:大高弘達 作品月評(女流):桂信子 妙好人(口語派月評):まつもとかずや 風雅彷徨(6):清水基吉 青い階段をのぼる詩人たち(13):菊地康雄 ハマーショルド氏と俳句<アメリカ便り>:鶴田欣也 花柳章太郎さんの俳句:高柳黄卯木 他) ¥700

おすすめの書籍

悲劇喜劇 1989年1月号 №459 (目次/特集:芝居・音の世界 まずは静寂を:中田喜直 声の表現にとっての日本語:川田順造 届ける、ということ:酒井誠 芝居は音だ:坂本朝一 シェイクスピアの「音」梅野泰靖 音・セリフ・失敗:松下砂稚子 四世紀の音私考:昔の音・今の音:田村悳 オペラの稽古場と芝居の稽古場を往来して:小田健也 芝居と、音のドラマと:馬場順 声色のおもしろさ:小池章太郎 "音屋“の現場:山本泰敬 音について気付いていることの断章:「SWANS」(二羽の白鳥):佐々木昭一郎 「歌うな、語れ」でいいか:宮岸泰治 巻頭エッセイ:小津次郎のこと:木下順二 「巨女伝説」から見た演劇:清水邦夫 自画像7:私の色紙趣味:松本克平 地域演劇リポート3:山形県・地域に根ざす:高橋寛 連載エッセイ:イギリス劇信3:喜志哲雄 雑文11:尾崎宏次 連載:ピーター・ブルックとの二十年5:笈田勝弘 エッセイ:ウランホトまで:伊藤巴子 中国再訪:倉橋健 アンゾー・コールマンの新作を見る:風間研 幕のうちそとうらおもて:東京国際演劇祭思入れ:関きよし 関西劇信:関西に新しい劇場がオープン:斎藤安秀 わが日録:秋の思い出:つめらい風はそらで吹き:藤原新平 インタビュー:太田省吾:高田城 追悼:水品春樹先生お疲れさまでした:水谷貞雄 イッセー尾形ひとり芝居:ヘイ、タクシー 12月のしばい 対談演劇時評:川本雄三・高橋清祐(第二回) ももからうまれたももたろう:別役実)
¥700

書籍の購入について

支払方法等:

基本的には郵便振替を使用します。(消費税や梱包料は要りません。)

商品引渡し方法:

メール便OR冊子小包ORトラック便 送料は実費分のみ別途頂戴いたしますので お安いほうを使います。

返品について:

着本後 1週間以内。先ずは メールにてご連絡ください。

他特記事項:

-

書籍の買い取りについて

-