文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

古書を探す

ひとりでマスター ピアノ伴奏法入門

夢屋

ひとりでマスター ピアノ伴奏法入門

¥1,200

  • 著者 鈴木 渉
  • 出版社 子どもの未来社
  • 解説 2008年7刷・カバヤケ隅スレ傷み開き跡使用感・経年のヤケシミ
  • 販売条件等 長崎

クレジットカード使用可 銀行振込可 代引き可 公費可 海外発送不可

かごに入れる
気になる本に追加
印刷

店舗情報

〒804-0013
福岡県北九州市戸畑区境川2-8-5
TEL:093-881-7176
FAX:093-881-7176

福岡県公安委員会 第31369号
書籍商 夢屋

新着書籍

おすすめの書籍

悲劇喜劇 1989年12月号 №470 (目次/特集:舞台の”手“ 手―歌舞伎演技の周辺:高瀬靖一郎 ヒトの手サルの手:木村賛 舞いの手:渡辺保 女形の手:中村又五郎 志ん生の右手:矢野誠一 シェクスピア劇「手」三題:増見利清 芝居の”手“:野口達二 「手は口ほどに…」フランス人の手:岡田正子 ニューヨークの手、北京の手・海外でのオペラ演出から:小田健也 手で伝えるということ・手話がひらく身体の表現力:渡辺義彦 型で語る・京劇の手:細井尚子 日本舞踊の手:花柳千代 巻頭エッセイ スウェーデンとのつきあい・四半世紀のこの頃:宮内満也 地域演劇リポート14 秋田県―連帯の基盤:工藤慶悦 連載「現代俳優術」ノート(24):千田是也 エッセイ 「マクベス」に誘われて:鳴海四郎 二人同行:稲垣隆史 文化座で三好十郎を:鵜山仁 人物交流でやってきた梁谷音:尾崎宏次 レニングラード・マールイ・ドラマ劇場を観る マールイ・ドラマ劇場の「兄弟姉妹」:桜井郁子 状況にたいする問いかけ:水野忠夫 関西劇信 フェスティバルで賑わう:斎藤安秀 わが日録:欲望という名の電車:村田大 インタビュー 石岡三郎:高田城 11月のしばい 対談:演劇時評:菅井幸雄・岩村久雄 戯曲・もうひとつの教室・夜間学校:廣澤榮)
¥700
歴史読本 2006年5月号 特集・幕末京都志士日誌 (目次/特集:幕末京都志士日誌 特集評論:幕末京都論~古都から「政治都市」へ:維新回天の中心舞台は、なぜ「京都」だったのか?:高野澄 特集ドキュメント/幕末京都 志士の足跡 近藤勇:「京都日誌」<新選組局長>:戦闘的佐幕派の憧憬がみちびいた悲しき粛清劇:伊東成郎 土方歳三:「京都日誌」<新選組副長>:組織の規律を守るため隊規違反者を処断した鬼の副長の素顔に迫る:伊東成郎 新選組隊士「京都日誌」<永倉新八・原田左之助・島田魁>:「壬生狼」と恐れられた隊士たちの意外な日常生活:長屋芳恵 坂本龍馬「京都日誌」<海援隊隊長>:日本の独立を維持するため、龍馬は何を願い、行動したのだろうか:松岡司 中岡慎太郎「京都日誌」<陸援隊隊長>:武力倒幕派の志士が構想した「中原進出」計画:松岡司 桐野利秋「京都日誌」<薩摩藩士>:「京在日記」から「人斬り半次郎」の実像に迫る:結喜しはや 山本覚馬「京都日誌」<会津藩士>:激動の幕末期における、ある会津藩士の思想・行動の軌跡を訪ねる:伊藤哲也 桂小五郎「京都日誌」<長州藩士>:攘夷か、開国か。長州の周旋家が選んだ結論とは:一坂太郎 佐久間像山「京都日誌」<松代藩士>:攘夷派の公卿を遊説して回るなか白昼の凶刃に斃れた開明派学者:菊地明 徳川慶喜「京都日誌」<江戸幕府十五代将軍>:京都政界の主役から「朝敵」となった要因に迫る:横田淳 伊庭八郎「京都日誌」<幕府御家人>:江戸有数の剣術道場で生まれ育った「伊庭の小天狗」の京都の日々:藤堂利寿 孝明天皇「京都日誌」<第百二十一代天皇>:多難な時代に対し佐幕攘夷の信念を貫いた天皇:石田孝喜 岩倉具視「京都日誌」<公卿>:佐幕派から討幕派へ「変身」し、朝廷工作を担った、その真実とは:木村幸比古 姉小路公知「京都日誌」<公卿>:闇につつまれた過激派青年公卿の暗殺事件:菊地明 幕末京都藩邸日録 薩摩藩「京都藩邸日録」:松尾千歳 長州藩「京都藩邸日録」:冨成博 会津藩「京都藩邸日録」:伊藤哲也 土佐藩「京都藩邸日録」:藤堂利寿 他)
¥800

書籍の購入について

支払方法等:

基本的には郵便振替を使用します。(消費税や梱包料は要りません。)

商品引渡し方法:

メール便OR冊子小包ORトラック便 送料は実費分のみ別途頂戴いたしますので お安いほうを使います。

返品について:

着本後 1週間以内。先ずは メールにてご連絡ください。

他特記事項:

-

書籍の買い取りについて

-