文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

古書を探す

校注 神皇正統記

夢屋

¥800

  • 著者 堀江秀雄/著 明治書院
  • 刊行年 昭17
  • 解説 B6版 176頁 改修十三版 裸本 傷み シミ 後見返し蔵名メモ書き 色鉛筆線引書込多 並下本
  • 販売条件等 20181112K1<A-155>

クレジットカード使用可 銀行振込可 代引き可 公費可 海外発送不可

かごに入れる
気になる本に追加
印刷

店舗情報

〒804-0013
福岡県北九州市戸畑区境川2-8-5
TEL:093-881-7176
FAX:093-881-7176

福岡県公安委員会 第31369号
書籍商 夢屋

新着書籍

おすすめの書籍

短歌 平成4年6月号 (目次/作品三十二首/星を踏む:山中智恵子 作品十四首/小庭草木:中野菊夫 作品二十一首/勤念:玉井清弘 彼岸の雪:来嶋靖生 温灰:栗木京子 幸運:春日井建 凡:沖ななも 犬死:佐藤通雅 連載/六月の詩―終末:宗左近 カラー口絵/茶花ごよみ・華鬘草:塩月弥栄子 近代・現代秀歌鑑賞「海やまのあひだ」―釈迢空の孤独:岡本文子 口絵/新・歌人アルバム:日高堯子:撮影・八木実枝子 歌人日記:浅田雅一 第三十八回角川短歌賞決定発表:夏木立(50首)中川佐和子:受賞感想・略歴 選考座談会/受賞者決定まで:岡井隆・篠弘・馬場あき子・武川忠一 次席/藤色電波:早川志織 女の国原:小谷陽子 候補作/2Bの芯:栗城永好 十秒の鬱:中川みどり 首のない肖像画:斎藤恵美子 冬より春:中埜由季子 音叉がほしい:斎藤菜穂子 自歌自解・6月の歌/六月の歌:田中子之吉 和邇の川:星河安友子 特別座談会/昭和短歌史8(最終回)昭和の終焉:岡井隆・岡野弘彦・佐佐木幸綱・篠弘・島田修二 一頁時評/自然詠の復権:久津晃 賀茂真淵の歌一首:黒崎善四郎 手づくりのうたを:結城文 第39回角川短歌賞作品募集要項 歌壇時評/写実と象徴について:小池光 結社の窓/「礁」:江口百代 巻頭エッセイ/クラス会:小高賢 十九年前の「土」:島田美佐子 大特集=悲哀の歌人・古泉千樫/古泉千樫論:扇畑忠雄 千樫短歌の出発:田井安曇 上京の決意と女性:新井章 千樫と左千夫:山根巴 千樫と茂吉:梶木剛 上京後の女性:藤岡武雄 「アララギ」を去る前後:吉田漱 喀血と千樫:北原由夫 郷土への意識:山本寛太 千樫の残したもの:岡井隆 歌集研究/「屋上の土」:大屋正吉 「青牛集」:秋葉四郎 古泉千樫略年譜:利田正男編 古泉千樫百首選:新井章選 作品十四首/松阪の一夜:大坂泰 玉の緒:川辺古一 傘の滴を:蔵本瑞恵 樹:志垣澄幸 夢殿に馥郁の風:清水恒子 桜花と雨と:鈴木諄三 黒線:玉井慶子 光昏:野村米子 凍春:吉川金一郎 蛍:若井三青 泰山府君<花の象36>:中西進 うたのある風景33:小山俊子 歌壇裏話・打ち明け話17:加藤克巳 現代短歌入門講座14:藤井常世 源実朝13:岡野弘彦 短歌名作の旅:「韮菁集」の背景:川口美根子 夕立の雲:古歌逍遥:田中裕 他)
¥700
短歌研究 1981年9月号 (目次/作品1:月中の藍・30首:安永蕗子 ぎんやんま・30首:高野公彦 特集1/第十七回短歌研究賞発表・受賞後第一回作品・50首:受賞者:川島喜代詩 人の香:川島喜代詩 第十七回短歌研究賞選考委員選評:生方たつゑ・近藤芳美・上田三四二・島田修二 特集2/第二十四回短歌研究新人賞発表 受賞作:細き反り:奈賀美和子 次席・青の谷間に:坂井修一 鋼鉄の?馬:照屋真理子 候補作・流れのなかに:藤永洋子 断崖と八ッ手:小野秀幸 イラン放浪:上岡弘二 透明な母子抒情 新人賞選考座談会:生方たつゑ・近藤芳美・上田三四二・大西民子・岡井隆・島田修二・佐佐木幸綱 第二十四回短歌研究新人賞―選考会に先立つ選評 最終選考上位通過作品/花ふりこぼす:伝田幸子 砂丘:旭千代 親しき鳩ら:新田谷千代子 野にいでてはなつむだろう:吉岡孝也 荊家族:鳴海聖 夏の氷桂:江畑實 金色の塊:松実啓子 最終選考通過作品 第二十四回短歌研究新人賞佳作 第二十四回短歌研究新人賞予選通過作品 特別企画/古典文学をたづねる第二十一回 「小泉八雲と短歌的情感」:平川祐弘:聞き手・今野寿美 新企画/「`81短歌セミナー」第九回:写実―その必要と困難の二律背反:田井安曇 連載/戦後の秀歌(四十八)窪田空穂「丘陵地」「去年の雪」ほか:上田三四二 前衛短歌の問題(三十九)古代詩遠望(十八)岡井隆 戦後短歌と現代(三十三)戦後集団の序章(一)篠弘 短歌時評:有事核戦争吾が事に非ず:池田純義 結社誌探訪:作品を中心にして:由谷一郎 共同新連載2:短歌の構成―作歌法へのもう一つのアプローチ:大島史洋 短歌研究詠草1他)
¥700

書籍の購入について

支払方法等:

基本的には郵便振替を使用します。(消費税や梱包料は要りません。)

商品引渡し方法:

メール便OR冊子小包ORトラック便 送料は実費分のみ別途頂戴いたしますので お安いほうを使います。

返品について:

着本後 1週間以内。先ずは メールにてご連絡ください。

他特記事項:

-

書籍の買い取りについて

-