文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

古書を探す

とげ抜き 新巣鴨地蔵縁起

夢屋

¥750

  • 著者 伊藤比呂美/著 講談社
  • 刊行年 平20
  • 解説 B6版 288頁 第5刷 カバー背少ヤケ 帯僅スレ有 並下本
  • 販売条件等 20190607Y6<棚-18>

クレジットカード使用可 銀行振込可 代引き可 公費可 海外発送不可

かごに入れる
気になる本に追加
印刷

店舗情報

〒804-0013
福岡県北九州市戸畑区境川2-8-5
TEL:093-881-7176
FAX:093-881-7176

福岡県公安委員会 第31369号
書籍商 夢屋

新着書籍

おすすめの書籍

悲劇喜劇 1985年5月号 №415 (目次/特集・田中千禾夫 自我と美と絶対者と―演劇の求道者・田中千禾夫先生:人見嘉久彦 「おふくろ」他:内村直也 田中千禾夫の内と外:原千代海 千禾夫に於けるカトリック的なるもの:矢代静一 変貌の軌跡:斎藤安秀 「おふくろ」の息子:中村伸郎 折々のこと:島田安行 千禾夫先生:荒木道子 私への”教育“:大塚道子 「マリアの首」初演のころ:林昭夫 「千鳥」の思い出:市原悦子 一人何役:栗原小巻 「雲の涯」と文学座:戌井市郎 千禾夫先生の風土と沈黙:大山勝美 師の影を踏むの記:徳丸勝博 田中千禾夫略年譜 巻頭エッセー:弓と弦:太田省吾 四人でしゃべった(5)プロレタリア演劇のころ:小澤栄太郎・松本克平・嵯峨善兵・信欣三 エレノオラ・ドゥーゼ伝(12):吉岡芳子 戦後新劇の名舞台 「真田風雲録」かんばしくなかった”批評“:福田善之 「オットーと呼ばれる日本人」今なおわたしを刺す言葉:松本昌次 「婉という女」と中村演出:早坂久子 「明治の柩」反近代への出発:宮本研 「るつぼ」人間の尊厳と自由についての永遠の課題:黒田郷子 インタビュー 稲野和子:山本雄三 わが日録:丘山未央・大橋伸子 4月のしばい 対談:演劇時評:岩村久雄・高橋清祐 戯曲:春名家の同居人たち:飯沢匡)
¥700

書籍の購入について

支払方法等:

基本的には郵便振替を使用します。(消費税や梱包料は要りません。)

商品引渡し方法:

メール便OR冊子小包ORトラック便 送料は実費分のみ別途頂戴いたしますので お安いほうを使います。

返品について:

着本後 1週間以内。先ずは メールにてご連絡ください。

他特記事項:

-

書籍の買い取りについて

-