文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

古書を探す

絵 1983年 11月号 No.237

夢屋

¥700

  • 著者 目次/原色版:表紙「立てる裸婦」(油彩・画布 73X50㎝ 1958年作) 口絵:「サンタ・マリア・デ・ル・サルーテ」:野口彌太郎 口絵:「驟雨のあと、オンフルール ’83」:石川滋彦 口絵:「湖畔の花園(於バニョレ・ドロス)`83」:藤本東一良 本文:今月の展覧会から:野口彌太郎さんのデッサン:中村哲 原精一さんとの交友:市川純彦 第21回レアリテ展に寄せて 気儘旅行:藤本東一良 個展の声:志賀高原とアムステルダム エスパーニュ:桑原正昭 壁に染める心:絹谷幸二 美術エッセイ:長崎系洋風画 記録者たちの系譜:副島三喜男 土方定一さんとの出会い:斎藤庸一 吾ガ街ノススメ(富山県の場合):梅沢直正 美術館巡り32:ミュンヘンのレンバッハ市立美術館:長谷川智恵子 (あの頃)忘れえぬこと―レイテ観音:畫間弘 誌上美術講座3:絵画の汚損と予防(第11回)雑:歌田真介 絵のある店舗5 東京都港区赤坂 ざくろ 絵ジャーナル/展覧会:エルミタージュ美術館展2 探訪:耕三寺博物館 展覧会:フィアック83 福本章、ピエール・クリスタンの展示 アンドレ・ブラジリエ 日動画廊 Show Window十一月の顔<清水良治> 十一月の日動画廊常設展示・今月の展覧会 今月の表紙から 画廊通信・編集後記
  • 刊行年 昭58
  • 解説 A5版 48頁 初版 背僅ヤケ 天小口地経年の少ヤケ有 並本
  • 販売条件等 20190710Y2<A-6>

クレジットカード使用可 銀行振込可 代引き可 公費可 海外発送不可

かごに入れる
気になる本に追加
印刷

店舗情報

〒804-0013
福岡県北九州市戸畑区境川2-8-5
TEL:093-881-7176
FAX:093-881-7176

福岡県公安委員会 第31369号
書籍商 夢屋

新着書籍

おすすめの書籍

石 260号 九州大会・鹿島広一特集 (目次/悼:加島広一抄:野田賢太郎他 同人作品:加島広一・八反田宏・蛯原喜荘・足立雅泉・三上史郎・阿部誠文他 故・加島広一作品抄 遺稿・「戦後俳句の流れ」加島広一(転載) 鳥となった広一兄:野田賢太郎(日本海新聞) 加島広一の死を悼む:金子兜太(日本海新聞) 加島広一を深悼す:田原千暉(日本海新聞) 車旅行の身障者死ぬ(日本海新聞) 広一さんとの別れ:河野輝暉 極道は社会だ:素依玄 作品:村住みの抄:田中津根を 悼加島広一抄:田原千暉 加島広一と私:田原千暉 九州現代俳句大会特集 季語の周辺(シンポジウム発言):三上史郎 宮崎を詠める句:田原千暉(宮崎日日新聞) 展望の足もと1:板垣好樹 九州俳句大会(作品評):報告:河野輝暉 九州俳句大会を終えて:大岩水太郎 句集「大霜野」評:阪口涯子:首藤三郎:有村王志 作品:谷山花猿・鳳真治・河野泉 石同人評:1きし・はるを2素依玄 作品「癌夢道」:前田吐実男 追悼:五月の旅:三上史郎 石俳句:河野泉・紙屋玲・江藤日吉・牧野桂一他 同人作品:中村重義・蓮尾良雄他 私の批評・鑑賞:小西逸生・中村重義他 手紙:山中一郎 石の村・句会報・受贈書紹介)
¥1,000

書籍の購入について

支払方法等:

基本的には郵便振替を使用します。(消費税や梱包料は要りません。)

商品引渡し方法:

メール便OR冊子小包ORトラック便 送料は実費分のみ別途頂戴いたしますので お安いほうを使います。

返品について:

着本後 1週間以内。先ずは メールにてご連絡ください。

他特記事項:

-

書籍の買い取りについて

-