文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

古書を探す

在庫検索結果

書名「スティル・ライフ」、著者名「池澤夏樹」の検索結果
11件が見つかりました。
日本の古本屋では2つの購入方法が選べます。
 | 
再表示

スティル・ライフ

けやき書店
 東京都千代田区神田神保町
12,960
池澤夏樹、中央公論社、昭63・2、1冊
Sペン署名入 初カバー帯
かごに入れる
気になる本に追加
クレジットカード使用可 銀行振込可 代引き可 公費可 海外発送可

スティル・ライフ

ブックスマイル
 神奈川県川崎市宮前区神木本町
1,000
池澤夏樹 著、中央公論社、1988.2、187p、20cm
本の形態/単行本ハードカバー
ページ数/187P
発行年月日/1988年2月29日(初版)
本のサイズ/20×14cm
本の状態/表紙カバー背やけ、小口しばりへこみ。本文は綺麗な状態です。
全国一律 送料無料 ただし、海外発送は別途送料がかかります。
かごに入れる
気になる本に追加
クレジットカード使用可 銀行振込可 代引き可 公費可 海外発送可

スティル・ライフ

江原書店
 東京都新宿区西早稲田
2,000
池澤夏樹、中央公論社、昭63
初版、カバー・帯付
かごに入れる
気になる本に追加
クレジットカード使用可 銀行振込可 代引き可 公費可 海外発送可

スティルライフ       【中公文庫】

フタバ書店
 北海道深川市三条
300
池澤夏樹、中央公論社、1991/12/10、212頁、文庫判、1
初版 カバー 送料180円
かごに入れる
気になる本に追加
クレジットカード使用可 銀行振込可 代引き可 公費可 海外発送不可

スティル・ライフ

古本あい古屋
 滋賀県大津市比叡平
4,860
池澤夏樹、中央公論社、昭和63、187p、20cm、1冊
初版  カバー<著者署名入>
かごに入れる
気になる本に追加
クレジットカード使用可 銀行振込可 代引き不可 公費可 海外発送可

スティル・ライフ

紙屋サロン
 大阪府泉大津市二田町
2,160
池澤夏樹、中央公論社、昭和63、1
初版カバ-帯 天シミ カバー帯スレ
かごに入れる
気になる本に追加
クレジットカード使用可 銀行振込可 代引き可 公費可 海外発送不可

スティル・ライフ

ふくろう
 北海道岩見沢市幌向北一条
700
池澤夏樹、中央公論社、1988・2・29初版、1冊
本の状態(並・)四六判ハードカバー。
かごに入れる
気になる本に追加
クレジットカード使用可 銀行振込可 代引き可 公費可 海外発送不可

文藝春秋 1988年3月 第98回芥川賞『スティル・ライフ』池澤夏樹 『長男の出家』三浦清宏 金賢姫の真実/国家安全企画部捜査班 愛弟子・芹澤博文の死/高柳敏夫 ほか

夢屋
 福岡県北九州市戸畑区境川
2,000
池澤夏樹 三浦清宏 国家安全企画部捜査班 高柳敏夫 ほか、文藝春秋、昭63年
528頁・A5判・表紙開き癖折れヨレ擦れヤケシミ、表紙天側付け根まわり水濡れカビ、背割れ剥がれ、裏表紙端少欠損・ページ黄ばみシミ・経年のヤケ、シミ
かごに入れる
気になる本に追加
クレジットカード使用可 銀行振込可 代引き可 公費可 海外発送不可

スティル・ライフ

やまびこ書房
 石川県金沢市百坂町
400
池澤夏樹、中公文庫、2005年、1
重版、カバー
かごに入れる
気になる本に追加
クレジットカード使用可 銀行振込可 代引き可 公費可 海外発送不可

スティル・ライフ <署名入本>

矢野書房
 大阪府大阪市北区天神橋
5,000
池澤夏樹、中央公論社、昭和63、一冊
初版 カバー帯(帯に極少シミ)付 署名入 芥川賞
かごに入れる
気になる本に追加
クレジットカード使用可 銀行振込可 代引き不可 公費可 海外発送不可

文藝春秋 3月号 日本よコメを自由化するな 蒋經國の死で台湾は変わるか 金賢姫の真実 非行国家・金王朝の脅威 超電導戦線異状あり 愛弟子・芹沢博文の死 芥川賞受賞作全文「スティル・ライフ」・「長男の出家」 他

さわや「古本フルフル」
 神奈川県鎌倉市由比ガ浜
800
鯨岡辰馬・中嶋嶺雄・田原総一朗・高柳敏夫・池澤夏樹・三浦清宏他、文藝春秋、1988年
日本の顔:増沢末夫 経年ヤケ 本編美 528頁
かごに入れる
気になる本に追加
クレジットカード使用可 銀行振込可 代引き可 公費可 海外発送不可

お探しの古書は見つかりましたか?

在庫検索から見つからなかった場合は、書誌(カタログ)からも検索できます。
お探しの古書が登録されていれば、在庫が無い本や条件に合わない本についても、こちらからリクエストを行うことができます。
書誌(カタログ)から探す

ファンタジー、テーマパーク - 「東京ディズニーランド」35年

都市、建設の技術 - 「霞が関ビル」50年