文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

古書を探す

「大学教授 続々」の検索結果
4件

続々唯心の所現 副題・奇蹟の手帖 附録・誰でもわかる四色定理の証明

青聲社
 東京都文京区目白台
2,500
竹尾斧二夫(竹尾史考)、私家版、1984、B6、226p
福岡教育大学教授 九州共立大学教授 生長の家
Sorry,overseas dispatch is not carried out.【日祝休 他臨休有】【代引不可】【後払公費3千円以上】【書籍は遠方倉庫】対面での販売、お渡しはおこなっておりません。お問い合わせはお名前、ご住所、ご連絡先を記載のうえメールにてお願いいたします。
かごに入れる
気になる本に追加
クレジットカード使用可 銀行振込可 代引き不可 公費可 海外発送不可
2,500
竹尾斧二夫(竹尾史考) 、私家版 、1984 、B6 、226p
福岡教育大学教授 九州共立大学教授 生長の家

続々大学教授―予期せぬできごと

BBR
 愛知県春日井市
1,750
送料無料
2002年1版。桜井 邦朋  (著)  地人書館  帯つき。カバーに多少のスレ、キズはありますが、中身状態は並です。
かごに入れる
気になる本に追加
クレジットカード使用可 銀行振込可 代引き可 公費可 海外発送可

続々大学教授―予期せぬできごと

1,750
、送料無料
2002年1版。桜井 邦朋  (著)  地人書館  帯つき。カバーに多少のスレ、キズはありますが、中身状態は並です。

大学教授 続々

不死鳥BOOKS
 岡山県総社市駅前
1,580
桜井邦朋 著、地人書館、220p、20cm
帯付。全体にヤケ汚れ傷みがあります。カバー縁に傷みがあります。
かごに入れる
気になる本に追加
クレジットカード使用可 銀行振込可 代引き不可 公費可 海外発送不可

大学教授 続々

1,580
桜井邦朋 著 、地人書館 、220p 、20cm
帯付。全体にヤケ汚れ傷みがあります。カバー縁に傷みがあります。

開戦前夜の日中学術交流 民国北京の大学人と日本人留学生九州大学人文学叢書19

中国書店
 福岡県福岡市博多区中呉服町
5,500
稲森雅子、九州大学出版会、2021、358p、上製
1920-30年、中国文学の若手研究者(中国学第二世代)が続々と北京へ留学した。当時、北京は忘れられた「古都」となっていたが、なお北京大学や清華大学など数多くの大学があり、学術研究の面では依然として中心地であった。その北京で、日本と中国の中国学研究者たちは、さかんに交流していた。しかし、このいわゆる「日中戦争前夜」の数年間の学術交流の実態は、これまで意識的あるいは無意識のうちに見過ごされてきた。本書は、近年偶然に発見された当時の資料等をもとに、北京において繰り広げられていた学術交流の具体的なありようを検証し、意義を考察するものである。

具体的には、近年発見された目加田誠の留学記録『北平日記』を手がかりに、目加田が出会った北京の研究者(馬廉、孫楷第、銭稲孫)と日本学術界との交流を中心に検討する。北京の古書店主たちと日本の研究者との関係、北京大学教授の馬廉と倉石武四郎や長澤規矩也らによる中国の戯曲や通俗小説テキストをめぐる書誌学的交流、書誌学者孫楷第による中国通俗小説調査のための来日状況と書目の編纂、『万葉集』や『源氏物語』の中国語訳を行った銭稲孫が自宅に開設した日本語書籍の図書室の実態などを明らかにする。最後に、本書で取り上げた主要な人物たちのその後を改めて振り返る。

日本の中国学術研究発展史上、非常に重要であるにも関わらず、今日に至るまでほとんど顕彰されることがなかった、日中戦争前夜の北京での学術交流の実態とその意義が、本書によって明らかになる。
かごに入れる
気になる本に追加
クレジットカード使用可 銀行振込可 代引き不可 公費可 海外発送不可
5,500
稲森雅子 、九州大学出版会 、2021 、358p 、上製
1920-30年、中国文学の若手研究者(中国学第二世代)が続々と北京へ留学した。当時、北京は忘れられた「古都」となっていたが、なお北京大学や清華大学など数多くの大学があり、学術研究の面では依然として中心地であった。その北京で、日本と中国の中国学研究者たちは、さかんに交流していた。しかし、このいわゆる「日中戦争前夜」の数年間の学術交流の実態は、これまで意識的あるいは無意識のうちに見過ごされてきた。本書は、近年偶然に発見された当時の資料等をもとに、北京において繰り広げられていた学術交流の具体的なありようを検証し、意義を考察するものである。 具体的には、近年発見された目加田誠の留学記録『北平日記』を手がかりに、目加田が出会った北京の研究者(馬廉、孫楷第、銭稲孫)と日本学術界との交流を中心に検討する。北京の古書店主たちと日本の研究者との関係、北京大学教授の馬廉と倉石武四郎や長澤規矩也らによる中国の戯曲や通俗小説テキストをめぐる書誌学的交流、書誌学者孫楷第による中国通俗小説調査のための来日状況と書目の編纂、『万葉集』や『源氏物語』の中国語訳を行った銭稲孫が自宅に開設した日本語書籍の図書室の実態などを明らかにする。最後に、本書で取り上げた主要な人物たちのその後を改めて振り返る。 日本の中国学術研究発展史上、非常に重要であるにも関わらず、今日に至るまでほとんど顕彰されることがなかった、日中戦争前夜の北京での学術交流の実態とその意義が、本書によって明らかになる。

お探しの古書は見つかりましたか?

在庫検索から見つからなかった場合は、書誌(カタログ)からも検索できます。
お探しの古書が登録されていれば、在庫が無い本や条件に合わない本についても、こちらからリクエストを行うことができます。
書誌(カタログ)から探す

夏の風物詩 - 夏休み、花火大会、海水浴

花火之仕方
花火之仕方
22,000円

TVガイド60年 - テレビ放送、テレビの時代