文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

古書を探す

「酒井 義昭」の検索結果
4件

月刊「国民新聞」第19167号 核兵器の基礎的研究に着手を 日本のせいに出来なかった中国の新幹線事故 辛亥革命における孫文の変節 沖縄奪取に乗り出した中国(上) われらの天皇 税制優遇の適格性欠く創価学会 「興亜観音」問題の真相 他

さわや「古本フルフル」
 神奈川県鎌倉市由比ガ浜
500
矢野義昭・宮崎正弘・酒井信彦・山本徳造・加瀬英明・乙骨正生・徳富太三郎他、国民新聞社・山田恵久、平成・・・
ヤケ少 6面
かごに入れる
気になる本に追加
クレジットカード使用可 銀行振込可 代引き可 公費可 海外発送不可

月刊「国民新聞」第19167号 核兵器の基礎的研究に着手を 日本のせいに出来なかった中国の新幹線事故 辛亥革命における孫文の変節 沖縄奪取に乗り出した中国(上) われらの天皇 税制優遇の適格性欠く創価学会 「興亜観音」問題の真相 他

500
矢野義昭・宮崎正弘・酒井信彦・山本徳造・加瀬英明・乙骨正生・徳富太三郎他 、国民新聞社・山田恵久 、平成23年9月
ヤケ少 6面

月刊「国民新聞」第19187号 参院勝っても靖国参拝できぬ首相 中国のチベット弾圧の実態 中国の尖閣領有権主張の背景 中国の海洋進出と尖閣警備 横田夫妻を傷付ける石原慎太郎の演説 「はだしのゲン」四つの問題点 マルクス先生さようなら(26) 他

さわや「古本フルフル」
 神奈川県鎌倉市由比ガ浜
500
酒井信彦・小林秀英・遠藤誉・矢野義昭・川添友幸・藤岡信勝・池田一貴他、国民新聞社・山田恵久、平成25・・・
ヤケ少 角折れ 6面
かごに入れる
気になる本に追加
クレジットカード使用可 銀行振込可 代引き可 公費可 海外発送不可

月刊「国民新聞」第19187号 参院勝っても靖国参拝できぬ首相 中国のチベット弾圧の実態 中国の尖閣領有権主張の背景 中国の海洋進出と尖閣警備 横田夫妻を傷付ける石原慎太郎の演説 「はだしのゲン」四つの問題点 マルクス先生さようなら(26) 他

500
酒井信彦・小林秀英・遠藤誉・矢野義昭・川添友幸・藤岡信勝・池田一貴他 、国民新聞社・山田恵久 、平成25年9月
ヤケ少 角折れ 6面

史料纂集古記録編 第145回配本 義演准后日記4

八木書店古書部
 東京都千代田区神田神保町
11,000
宝月圭吾・弥永貞三・酒井信彦校訂、続群書類従完成会、平18、1冊
二条晴良の子、足利義昭の猶子、醍醐寺義演(1558-1626)の日記。秀吉の帰依をうけ、北政所・秀頼の外護により醍醐寺を造営した。本記は、慶長元年から寛永3年におよぶもので、当時の寺院の修法や行事等に詳しいのは勿論、近世初期の政治情勢を窺うべき記事が豊富である。また庭園や建築の歴史を究める上で不可欠の史料とされ、慶長3年(1598)の醍醐の花見の記事は夙に有名。【収録】④1605〔慶長10〕~1607〔慶長12〕
かごに入れる
気になる本に追加
クレジットカード使用可 銀行振込可 代引き可 公費可 海外発送可

史料纂集古記録編 第145回配本 義演准后日記4

11,000
宝月圭吾・弥永貞三・酒井信彦校訂 、続群書類従完成会 、平18 、1冊
二条晴良の子、足利義昭の猶子、醍醐寺義演(1558-1626)の日記。秀吉の帰依をうけ、北政所・秀頼の外護により醍醐寺を造営した。本記は、慶長元年から寛永3年におよぶもので、当時の寺院の修法や行事等に詳しいのは勿論、近世初期の政治情勢を窺うべき記事が豊富である。また庭園や建築の歴史を究める上で不可欠の史料とされ、慶長3年(1598)の醍醐の花見の記事は夙に有名。【収録】④1605〔慶長10〕~1607〔慶長12〕

史料纂集古記録編 第48回配本 義演准后日記1

八木書店古書部
 東京都千代田区神田神保町
8,140
宝月圭吾・弥永貞三・酒井信彦校訂、続群書類従完成会、昭51、1冊
二条晴良の子、足利義昭の猶子、醍醐寺義演(1558-1626)の日記。秀吉の帰依をうけ、北政所・秀頼の外護により醍醐寺を造営した。本記は、慶長元年から寛永3年におよぶもので、当時の寺院の修法や行事等に詳しいのは勿論、近世初期の政治情勢を窺うべき記事が豊富である。また庭園や建築の歴史を究める上で不可欠の史料とされ、慶長3年(1598)の醍醐の花見の記事は夙に有名。【収録】①1596〔文禄5〕~1598〔慶長3〕
かごに入れる
気になる本に追加
クレジットカード使用可 銀行振込可 代引き可 公費可 海外発送可

史料纂集古記録編 第48回配本 義演准后日記1

8,140
宝月圭吾・弥永貞三・酒井信彦校訂 、続群書類従完成会 、昭51 、1冊
二条晴良の子、足利義昭の猶子、醍醐寺義演(1558-1626)の日記。秀吉の帰依をうけ、北政所・秀頼の外護により醍醐寺を造営した。本記は、慶長元年から寛永3年におよぶもので、当時の寺院の修法や行事等に詳しいのは勿論、近世初期の政治情勢を窺うべき記事が豊富である。また庭園や建築の歴史を究める上で不可欠の史料とされ、慶長3年(1598)の醍醐の花見の記事は夙に有名。【収録】①1596〔文禄5〕~1598〔慶長3〕

お探しの古書は見つかりましたか?

在庫検索から見つからなかった場合は、書誌(カタログ)からも検索できます。
お探しの古書が登録されていれば、在庫が無い本や条件に合わない本についても、こちらからリクエストを行うことができます。
書誌(カタログ)から探す

カリフォルニア州170年 - アメリカ西部開拓、地方自治、制度

ラスコー洞窟壁画発見80年 - 古代文明、歴史、文化