文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

古書を探す

夢屋

(ユメヤ)

お知らせ

書籍を探す

書店内検索

新着書籍

悲劇喜劇 1996年5月号 №547 (目次/特集:一人芝居とは 出会いと完成:矢代静一 「とは」は千草の…:福田善之 一人芝居、毎年続けて五百回…:長与孝子 「土佐源氏」の三十年:坂本長利 「リリアン」を演じて:たかべしげこ 誰かに会う旅:吉行和子 「島口説」と「命口説」:謝名元慶福 一人芝居「辻立ち路通・芭蕉異聞」と役者・池田生二のこと:池田太郎 「審判」―誰も居ない椅子:浜崎満 ”もう一人の人物“:草村礼子 コクトーの「声」:岩瀬孝 「タバコの害について」(チェーホフ)「ユウリディスの手」(ブロッホ):牧原純 キャストが一人:大間知靖子 巻頭エッセイ:愚直の六十五年:嵐圭史 連載:ストレーレルは語る(4):ウーゴ・ロンファーニ:高田和文・訳 幾山河:千田隼生 追悼・ハイナー・ミュラー:白い白馬:越部暹 連載:留学生日記16:私のみちくさ留学:岡田正子 エッセイ:こだわる:宮岸泰治 関西劇信:育ってきたピッコロ劇団員:人見嘉久彦 インタビュー:萩京子:鶴田旭 わが日録:「黄昏のbボードビル」串田和美 4月しばい 対談:演劇時評:加藤新吉・謝名元慶福(最終回) 戯曲:まだまだ、これから―わが老春:津上忠) ¥700
悲劇喜劇 1989年1月号 №459 (目次/特集:芝居・音の世界 まずは静寂を:中田喜直 声の表現にとっての日本語:川田順造 届ける、ということ:酒井誠 芝居は音だ:坂本朝一 シェイクスピアの「音」梅野泰靖 音・セリフ・失敗:松下砂稚子 四世紀の音私考:昔の音・今の音:田村悳 オペラの稽古場と芝居の稽古場を往来して:小田健也 芝居と、音のドラマと:馬場順 声色のおもしろさ:小池章太郎 "音屋“の現場:山本泰敬 音について気付いていることの断章:「SWANS」(二羽の白鳥):佐々木昭一郎 「歌うな、語れ」でいいか:宮岸泰治 巻頭エッセイ:小津次郎のこと:木下順二 「巨女伝説」から見た演劇:清水邦夫 自画像7:私の色紙趣味:松本克平 地域演劇リポート3:山形県・地域に根ざす:高橋寛 連載エッセイ:イギリス劇信3:喜志哲雄 雑文11:尾崎宏次 連載:ピーター・ブルックとの二十年5:笈田勝弘 エッセイ:ウランホトまで:伊藤巴子 中国再訪:倉橋健 アンゾー・コールマンの新作を見る:風間研 幕のうちそとうらおもて:東京国際演劇祭思入れ:関きよし 関西劇信:関西に新しい劇場がオープン:斎藤安秀 わが日録:秋の思い出:つめらい風はそらで吹き:藤原新平 インタビュー:太田省吾:高田城 追悼:水品春樹先生お疲れさまでした:水谷貞雄 イッセー尾形ひとり芝居:ヘイ、タクシー 12月のしばい 対談演劇時評:川本雄三・高橋清祐(第二回) ももからうまれたももたろう:別役実) ¥700

おすすめの書籍

書籍の購入について

支払方法等:

基本的には郵便振替を使用します。(消費税や梱包料は要りません。)

商品引渡し方法:

メール便OR冊子小包ORトラック便 送料は実費分のみ別途頂戴いたしますので お安いほうを使います。

返品について:

着本後 1週間以内。先ずは メールにてご連絡ください。

他特記事項:

-

書籍の買い取りについて

-

書店情報

コミックから古書全般まで 幅広く対応できればと考えております。

取り扱い分野

-

営業時間

営業時間:AM11:00〜PM5:00
定休日:毎週木曜日 日曜日

古物商許可番号

福岡県公安委員会 第31369号
書籍商 夢屋

アクセス

〒804-0013
福岡県北九州市戸畑区境川2-8-5

沿線名:-
最寄駅:JR九州工業大学前

お問い合わせ

メールを送る

担当者 中村 修

TEL: 093-881-7176

FAX: 093-881-7176