文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

古書を探す

烈公水戸斉昭

銀のぺん

¥900

  • 著者 高野澄 著
  • 出版社 発行所/毎日新聞社
  • 刊行年 1997年
  • ページ数 282p
  • サイズ 20cm
  • 冊数 1
  • ISBN 4620311766
  • 解説 (最後の将軍徳川慶喜の実父) 1997年5月25日発行 四六判282ページ、カバー、帯付き 定価1800円 新刊残本(デッドストック)、地には再販時の○印があります。

クレジットカード使用可 銀行振込可 代引き不可 公費不可 海外発送不可

マスターID:2458879
初版刊行年:1997.5
ISBN:4620311766

かごに入れる
気になる本に追加
印刷

店舗情報

〒468-0008
愛知県名古屋市天白区一本松 2-1210 半ノ木ビル1F
TEL:052-804-4497
FAX:052-804-4497

愛知県公安委員会許可 第541430A20400号
書籍商 銀のぺん

新着書籍

おすすめの書籍

日本佛教学会年報 第46号  -佛教における生死の問題- (「目次」より:・初期仏教における生死観…早島鏡正 ・「出離生死」の道…山口恵照 ・仏陀時代における時代精神と世界超越…中祖一誠 ・仏教と輪廻思想…宮坂宥勝 ・十地菩薩行における生死について…伊藤瑞叡 ・阿毘達磨雑集論における生死…篠田正成 ・唯識思想における生死について…舟橋尚哉 ・聞法による生死の超出…氏家覚勝 ・唯識説における惑障の生起…渡辺隆生 ・華厳教学における生死観序説…吉津宜英 ・天台における生死観…武覚超 ・密教の生死観…金岡秀友 ・密教文献にみる死生観…頼富本宏 ・弘法大師における生死観…静慈円 ・真言密教における生死観…遠藤祐純 ・『正法眼蔵』に於ける生死観の種々相…河村孝道 ・『正法眼蔵』「全機」の生死について…神戸信寅 ・『臨済録密鈔』における生死…鈴木宜邦 ・曇鸞の生死観…佐藤成順 ・証空の出離生死についての一考察…堀本賢順 ・親鸞の生死観…浅井成海 ・祖聖親鸞と生死…臼井元成 ・親鸞における無常の概念…霊山勝海 ・日蓮聖人の生死観…里見泰穏 ・日蓮聖人の生死観…庵谷行亨 ・死態観と浄土教…池見澄隆 ・僧伝にみえる臨終の前後…岡本天晴 ・ヴァイシェーシカにおける生死について…野沢正信 ・「生者と死者」考…神保泰紀 ・庶民信仰における生と死…楠正弘 ・蔵本『因縁心論釈』…梶山雄一 ・その他…田中典彦)
¥2,000
駒沢大学佛教学部研究紀要 第44号 (「目次」より:・「教育者」型人格における禅体験の受容と変容-自得・小山忠雄と晃水・山本良吉の比較考察-…松本晧一 ・南都三論宗史の研究序説…平井俊榮 ・『菩薩惣持法』と『観心論』(二)…田中良昭 ・古本七十五巻本『正法眼蔵』の研究(八)-『正法眼蔵聞書抄』依用の『正法眼蔵』本文復原化の試み-…河村孝道 ・初期曹洞禅における坐禅観の一側面…原田弘道 ・道元禅師の授記思想…池田魯参 ・泉州福先招慶院の浄修禅師省と『祖堂集』…石井修道 ・差別事象を生み出した思想的背景に関する私見…袴谷憲昭 ・梁武帝『神明成仏義』の考察-神不滅論から起信論への一視点-…伊藤隆寿 ・中世曹洞宗切紙の分類試論(七)-堂塔・伽藍、仏・菩薩関係を中心にして-…石川力山 ・『正法眼蔵抄』口語訳の試み-仏性(四)-…伊藤秀憲 ・中国仏教と民衆-歳時記にあらわれた仏教(二)-…永井政之 ・高麗版『人天眼目』とその資料…椎名宏雄 ・吉蔵の仏身論…末光愛正 ・Prapancahrdaya試論-一匿名作品の歴史的位置付け-…金沢篤 ・『倶舎論』にみられる二種類の煩悩説…池田練太郎 ・『大乗法界無差別論』の菩提心思想…田上太秀)
¥2,000

書籍の購入について

支払方法等:

お取り引きは、代金先払いとなります。詳細は、メールにてお知らせいたします。

商品引渡し方法:

郵便局のレターパック、又はゆうパックにてお送りいたします。送料は実費を頂戴いたします。代引き、メール便、宅配便、及び配達記録の残らない「定形外」や「ゆうメール」には対応しておりません。

返品について:

当方に明らかな過失のあった場合以外は、何卒ご容赦下さい。

他特記事項:

予め、お申し出がございましたら、納品書、請求書、領収書は商品に同封いたしますが、これら以外に添付書類が必要な、公費によるご注文はお受け出来ません。又、代金のお支払いは郵便振替のみで、銀行振替がご利用出来ません。電話によるご注文、外国からのご注文はお受け出来ません。

書籍の買い取りについて

名古屋市内天白区、昭和区、名東区、緑区、南区及び日進市への出張買取いたします。戦時中の郵便物や写真、アルバム、軍隊書、戦記、戦史、連隊史、部隊史など戦友会刊行物、戦時中の体験記など自費出版物はとくに大歓迎です!