文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

古書を探す

「◆新品◆ 戦前日本の私娼・性風俗産業と大衆社会 売買春・恋愛の近現代史」の検索結果
4件

◆新品◆ 戦前日本の私娼・性風俗産業と大衆社会 売買春・恋愛の近現代史

コクテイル書房
 東京都杉並区高円寺北
5,000
寺澤 優、有志舎、2022、326p.、A5判
有志舎の直販窓口です。本体価格(消費税分サービス)+送料でお届けします。領収証等ご入用の場合は、ご注文時にお申し付けください。公費(掛払い)でのご購入も承っております。

[紹介]
近代日本の性風俗産業は、時代の潮流と共に多様に変化し新しいものが次々と生み出されていった。特に一九二〇年代以降、大衆化する社会のなかで、公娼制度のもとにあった遊廓などの娼妓から私娼である酌婦やカフェーの女給などへと、その産業の担い手たちは大きく変化していく。本書は、戦前の風俗や売買春に関する意識を問いつつ、公娼制度や廃娼運動中心の研究を超えてその構造を明らかにしていき、さらに男性側の心理も考察。それらから現代社会における売買春や性風俗をめぐる「常識」や前提を問い直し、再考していく。

[目次]
序章 近代日本における私娼・性風俗研究の可能性

第1部 大正期の私娼と〈準公娼制度〉への編入
 第1章 大正芸妓の売買春と黙認問題
 第2章 東京二大銘酒屋街形成と「私娼撲滅」の挫折
 補論① 戦前期の全国芸妓屋同盟会の設立と拡大

第2部 身売り問題と花柳界遊びにみる〈準公娼制度〉の限界
 第3章 身売りと都市売買春産業がかかえる問題
 第4章 花柳界がうみだす花柳界弱者と廃娼論
 補論② 大正期の「恋愛」論における「個」と人格

第3部 「エロ・グロ・ナンセンス」時代の到来
 第5章 一九三〇年代のカフェーの性風俗化による「女郎屋ハカイ」  
 第6章 カフェーにおける性の「大衆」化が示すもの
 第7章 ダンスホール閉鎖問題にみる戦時の性風俗・「自由恋愛」のゆくえ
  
終章 売買春・性風俗を変容させるもの

[著者プロフィール]
寺澤 優 (テラザワ ユウ) (著)
立命館大学衣笠総合研究機構専門研究員
かごに入れる
気になる本に追加
クレジットカード使用可 銀行振込可 代引き不可 公費可 海外発送可
5,000
寺澤 優 、有志舎 、2022 、326p. 、A5判
有志舎の直販窓口です。本体価格(消費税分サービス)+送料でお届けします。領収証等ご入用の場合は、ご注文時にお申し付けください。公費(掛払い)でのご購入も承っております。 [紹介] 近代日本の性風俗産業は、時代の潮流と共に多様に変化し新しいものが次々と生み出されていった。特に一九二〇年代以降、大衆化する社会のなかで、公娼制度のもとにあった遊廓などの娼妓から私娼である酌婦やカフェーの女給などへと、その産業の担い手たちは大きく変化していく。本書は、戦前の風俗や売買春に関する意識を問いつつ、公娼制度や廃娼運動中心の研究を超えてその構造を明らかにしていき、さらに男性側の心理も考察。それらから現代社会における売買春や性風俗をめぐる「常識」や前提を問い直し、再考していく。 [目次] 序章 近代日本における私娼・性風俗研究の可能性 第1部 大正期の私娼と〈準公娼制度〉への編入  第1章 大正芸妓の売買春と黙認問題  第2章 東京二大銘酒屋街形成と「私娼撲滅」の挫折  補論① 戦前期の全国芸妓屋同盟会の設立と拡大 第2部 身売り問題と花柳界遊びにみる〈準公娼制度〉の限界  第3章 身売りと都市売買春産業がかかえる問題  第4章 花柳界がうみだす花柳界弱者と廃娼論  補論② 大正期の「恋愛」論における「個」と人格 第3部 「エロ・グロ・ナンセンス」時代の到来  第5章 一九三〇年代のカフェーの性風俗化による「女郎屋ハカイ」    第6章 カフェーにおける性の「大衆」化が示すもの  第7章 ダンスホール閉鎖問題にみる戦時の性風俗・「自由恋愛」のゆくえ    終章 売買春・性風俗を変容させるもの [著者プロフィール] 寺澤 優 (テラザワ ユウ) (著) 立命館大学衣笠総合研究機構専門研究員

◆新品◆ 戦前日本の私娼・性風俗産業と大衆社会 売買春・恋愛の近現代史

コクテイル書房
 東京都杉並区高円寺北
5,000
寺澤 優、有志舎、2022、326p.、A5判
有志舎の直販窓口です。本体価格(消費税分サービス)+送料でお届けします。領収証等ご入用の場合は、ご注文時にお申し付けください。公費(掛払い)でのご購入も承っております。

[紹介]
近代日本の性風俗産業は、時代の潮流と共に多様に変化し新しいものが次々と生み出されていった。特に一九二〇年代以降、大衆化する社会のなかで、公娼制度のもとにあった遊廓などの娼妓から私娼である酌婦やカフェーの女給などへと、その産業の担い手たちは大きく変化していく。本書は、戦前の風俗や売買春に関する意識を問いつつ、公娼制度や廃娼運動中心の研究を超えてその構造を明らかにしていき、さらに男性側の心理も考察。それらから現代社会における売買春や性風俗をめぐる「常識」や前提を問い直し、再考していく。

[目次]
序章 近代日本における私娼・性風俗研究の可能性

第1部 大正期の私娼と〈準公娼制度〉への編入
 第1章 大正芸妓の売買春と黙認問題
 第2章 東京二大銘酒屋街形成と「私娼撲滅」の挫折
 補論① 戦前期の全国芸妓屋同盟会の設立と拡大

第2部 身売り問題と花柳界遊びにみる〈準公娼制度〉の限界
 第3章 身売りと都市売買春産業がかかえる問題
 第4章 花柳界がうみだす花柳界弱者と廃娼論
 補論② 大正期の「恋愛」論における「個」と人格

第3部 「エロ・グロ・ナンセンス」時代の到来
 第5章 一九三〇年代のカフェーの性風俗化による「女郎屋ハカイ」  
 第6章 カフェーにおける性の「大衆」化が示すもの
 第7章 ダンスホール閉鎖問題にみる戦時の性風俗・「自由恋愛」のゆくえ
  
終章 売買春・性風俗を変容させるもの

[著者プロフィール]
寺澤 優 (テラザワ ユウ) (著)
立命館大学衣笠総合研究機構専門研究員
かごに入れる
気になる本に追加
クレジットカード使用可 銀行振込可 代引き不可 公費可 海外発送可
5,000
寺澤 優 、有志舎 、2022 、326p. 、A5判
有志舎の直販窓口です。本体価格(消費税分サービス)+送料でお届けします。領収証等ご入用の場合は、ご注文時にお申し付けください。公費(掛払い)でのご購入も承っております。 [紹介] 近代日本の性風俗産業は、時代の潮流と共に多様に変化し新しいものが次々と生み出されていった。特に一九二〇年代以降、大衆化する社会のなかで、公娼制度のもとにあった遊廓などの娼妓から私娼である酌婦やカフェーの女給などへと、その産業の担い手たちは大きく変化していく。本書は、戦前の風俗や売買春に関する意識を問いつつ、公娼制度や廃娼運動中心の研究を超えてその構造を明らかにしていき、さらに男性側の心理も考察。それらから現代社会における売買春や性風俗をめぐる「常識」や前提を問い直し、再考していく。 [目次] 序章 近代日本における私娼・性風俗研究の可能性 第1部 大正期の私娼と〈準公娼制度〉への編入  第1章 大正芸妓の売買春と黙認問題  第2章 東京二大銘酒屋街形成と「私娼撲滅」の挫折  補論① 戦前期の全国芸妓屋同盟会の設立と拡大 第2部 身売り問題と花柳界遊びにみる〈準公娼制度〉の限界  第3章 身売りと都市売買春産業がかかえる問題  第4章 花柳界がうみだす花柳界弱者と廃娼論  補論② 大正期の「恋愛」論における「個」と人格 第3部 「エロ・グロ・ナンセンス」時代の到来  第5章 一九三〇年代のカフェーの性風俗化による「女郎屋ハカイ」    第6章 カフェーにおける性の「大衆」化が示すもの  第7章 ダンスホール閉鎖問題にみる戦時の性風俗・「自由恋愛」のゆくえ    終章 売買春・性風俗を変容させるもの [著者プロフィール] 寺澤 優 (テラザワ ユウ) (著) 立命館大学衣笠総合研究機構専門研究員

◆新品◆ 戦前日本の私娼・性風俗産業と大衆社会 売買春・恋愛の近現代史

コクテイル書房
 東京都杉並区高円寺北
5,000
寺澤 優、有志舎、2022、326p.、A5判
有志舎の直販窓口です。本体価格(消費税分サービス)+送料でお届けします。領収証等ご入用の場合は、ご注文時にお申し付けください。公費(掛払い)でのご購入も承っております。

[紹介]
近代日本の性風俗産業は、時代の潮流と共に多様に変化し新しいものが次々と生み出されていった。特に一九二〇年代以降、大衆化する社会のなかで、公娼制度のもとにあった遊廓などの娼妓から私娼である酌婦やカフェーの女給などへと、その産業の担い手たちは大きく変化していく。本書は、戦前の風俗や売買春に関する意識を問いつつ、公娼制度や廃娼運動中心の研究を超えてその構造を明らかにしていき、さらに男性側の心理も考察。それらから現代社会における売買春や性風俗をめぐる「常識」や前提を問い直し、再考していく。

[目次]
序章 近代日本における私娼・性風俗研究の可能性

第1部 大正期の私娼と〈準公娼制度〉への編入
 第1章 大正芸妓の売買春と黙認問題
 第2章 東京二大銘酒屋街形成と「私娼撲滅」の挫折
 補論① 戦前期の全国芸妓屋同盟会の設立と拡大

第2部 身売り問題と花柳界遊びにみる〈準公娼制度〉の限界
 第3章 身売りと都市売買春産業がかかえる問題
 第4章 花柳界がうみだす花柳界弱者と廃娼論
 補論② 大正期の「恋愛」論における「個」と人格

第3部 「エロ・グロ・ナンセンス」時代の到来
 第5章 一九三〇年代のカフェーの性風俗化による「女郎屋ハカイ」  
 第6章 カフェーにおける性の「大衆」化が示すもの
 第7章 ダンスホール閉鎖問題にみる戦時の性風俗・「自由恋愛」のゆくえ
  
終章 売買春・性風俗を変容させるもの

[著者プロフィール]
寺澤 優 (テラザワ ユウ) (著)
立命館大学衣笠総合研究機構専門研究員
かごに入れる
気になる本に追加
クレジットカード使用可 銀行振込可 代引き不可 公費可 海外発送可
5,000
寺澤 優 、有志舎 、2022 、326p. 、A5判
有志舎の直販窓口です。本体価格(消費税分サービス)+送料でお届けします。領収証等ご入用の場合は、ご注文時にお申し付けください。公費(掛払い)でのご購入も承っております。 [紹介] 近代日本の性風俗産業は、時代の潮流と共に多様に変化し新しいものが次々と生み出されていった。特に一九二〇年代以降、大衆化する社会のなかで、公娼制度のもとにあった遊廓などの娼妓から私娼である酌婦やカフェーの女給などへと、その産業の担い手たちは大きく変化していく。本書は、戦前の風俗や売買春に関する意識を問いつつ、公娼制度や廃娼運動中心の研究を超えてその構造を明らかにしていき、さらに男性側の心理も考察。それらから現代社会における売買春や性風俗をめぐる「常識」や前提を問い直し、再考していく。 [目次] 序章 近代日本における私娼・性風俗研究の可能性 第1部 大正期の私娼と〈準公娼制度〉への編入  第1章 大正芸妓の売買春と黙認問題  第2章 東京二大銘酒屋街形成と「私娼撲滅」の挫折  補論① 戦前期の全国芸妓屋同盟会の設立と拡大 第2部 身売り問題と花柳界遊びにみる〈準公娼制度〉の限界  第3章 身売りと都市売買春産業がかかえる問題  第4章 花柳界がうみだす花柳界弱者と廃娼論  補論② 大正期の「恋愛」論における「個」と人格 第3部 「エロ・グロ・ナンセンス」時代の到来  第5章 一九三〇年代のカフェーの性風俗化による「女郎屋ハカイ」    第6章 カフェーにおける性の「大衆」化が示すもの  第7章 ダンスホール閉鎖問題にみる戦時の性風俗・「自由恋愛」のゆくえ    終章 売買春・性風俗を変容させるもの [著者プロフィール] 寺澤 優 (テラザワ ユウ) (著) 立命館大学衣笠総合研究機構専門研究員

◆新品◆ 戦前日本の私娼・性風俗産業と大衆社会 売買春・恋愛の近現代史

コクテイル書房
 東京都杉並区高円寺北
5,000
寺澤 優、有志舎、2022、326p.、A5判
有志舎の直販窓口です。本体価格(消費税分サービス)+送料でお届けします。領収証等ご入用の場合は、ご注文時にお申し付けください。公費(掛払い)でのご購入も承っております。

[紹介]
近代日本の性風俗産業は、時代の潮流と共に多様に変化し新しいものが次々と生み出されていった。特に一九二〇年代以降、大衆化する社会のなかで、公娼制度のもとにあった遊廓などの娼妓から私娼である酌婦やカフェーの女給などへと、その産業の担い手たちは大きく変化していく。本書は、戦前の風俗や売買春に関する意識を問いつつ、公娼制度や廃娼運動中心の研究を超えてその構造を明らかにしていき、さらに男性側の心理も考察。それらから現代社会における売買春や性風俗をめぐる「常識」や前提を問い直し、再考していく。

[目次]
序章 近代日本における私娼・性風俗研究の可能性

第1部 大正期の私娼と〈準公娼制度〉への編入
 第1章 大正芸妓の売買春と黙認問題
 第2章 東京二大銘酒屋街形成と「私娼撲滅」の挫折
 補論① 戦前期の全国芸妓屋同盟会の設立と拡大

第2部 身売り問題と花柳界遊びにみる〈準公娼制度〉の限界
 第3章 身売りと都市売買春産業がかかえる問題
 第4章 花柳界がうみだす花柳界弱者と廃娼論
 補論② 大正期の「恋愛」論における「個」と人格

第3部 「エロ・グロ・ナンセンス」時代の到来
 第5章 一九三〇年代のカフェーの性風俗化による「女郎屋ハカイ」  
 第6章 カフェーにおける性の「大衆」化が示すもの
 第7章 ダンスホール閉鎖問題にみる戦時の性風俗・「自由恋愛」のゆくえ
  
終章 売買春・性風俗を変容させるもの

[著者プロフィール]
寺澤 優 (テラザワ ユウ) (著)
立命館大学衣笠総合研究機構専門研究員
かごに入れる
気になる本に追加
クレジットカード使用可 銀行振込可 代引き不可 公費可 海外発送可
5,000
寺澤 優 、有志舎 、2022 、326p. 、A5判
有志舎の直販窓口です。本体価格(消費税分サービス)+送料でお届けします。領収証等ご入用の場合は、ご注文時にお申し付けください。公費(掛払い)でのご購入も承っております。 [紹介] 近代日本の性風俗産業は、時代の潮流と共に多様に変化し新しいものが次々と生み出されていった。特に一九二〇年代以降、大衆化する社会のなかで、公娼制度のもとにあった遊廓などの娼妓から私娼である酌婦やカフェーの女給などへと、その産業の担い手たちは大きく変化していく。本書は、戦前の風俗や売買春に関する意識を問いつつ、公娼制度や廃娼運動中心の研究を超えてその構造を明らかにしていき、さらに男性側の心理も考察。それらから現代社会における売買春や性風俗をめぐる「常識」や前提を問い直し、再考していく。 [目次] 序章 近代日本における私娼・性風俗研究の可能性 第1部 大正期の私娼と〈準公娼制度〉への編入  第1章 大正芸妓の売買春と黙認問題  第2章 東京二大銘酒屋街形成と「私娼撲滅」の挫折  補論① 戦前期の全国芸妓屋同盟会の設立と拡大 第2部 身売り問題と花柳界遊びにみる〈準公娼制度〉の限界  第3章 身売りと都市売買春産業がかかえる問題  第4章 花柳界がうみだす花柳界弱者と廃娼論  補論② 大正期の「恋愛」論における「個」と人格 第3部 「エロ・グロ・ナンセンス」時代の到来  第5章 一九三〇年代のカフェーの性風俗化による「女郎屋ハカイ」    第6章 カフェーにおける性の「大衆」化が示すもの  第7章 ダンスホール閉鎖問題にみる戦時の性風俗・「自由恋愛」のゆくえ    終章 売買春・性風俗を変容させるもの [著者プロフィール] 寺澤 優 (テラザワ ユウ) (著) 立命館大学衣笠総合研究機構専門研究員

お探しの古書は見つかりましたか?

在庫検索から見つからなかった場合は、書誌(カタログ)からも検索できます。
お探しの古書が登録されていれば、在庫が無い本や条件に合わない本についても、こちらからリクエストを行うことができます。
書誌(カタログ)から探す

北陸新幹線延伸 - 鉄道、旅客案内

貨物時刻表
貨物時刻表
¥66,000
鉄道
鉄道
¥63,800
寿都鉄道
寿都鉄道
¥8,000
車両技術
車両技術
¥82,500

電卓60年 - IT技術の源流、電卓からパソコンへ