文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

古書を探す

「池田 憲隆」の検索結果
5件

◆新品◆ 近代日本海軍の政治経済史 「軍備拡張計画」の展開とその影響

コクテイル書房
 東京都杉並区高円寺北
6,000
池田 憲隆、有志舎、2022、308p.、A5判
有志舎の直販窓口です。本体価格(消費税分サービス)+送料でお届けします。領収証等ご入用の場合は、ご注文時にお申し付けください。公費(掛払い)でのご購入も承っております。

[紹介]
近代日本の海軍軍備拡張は当時の政治経済に大きな影響を与えた。この実施にあたっては一定の軍備構想に基づいた計画が策定される必要があり、それは国内政治や外交政策と密接な関連をもって成立する。また、その実施は軍事力の変化をもたらすとともに経済や多方面に大きな影響を与え、政治・外交にフィードバックされていく。本書は、1883年に実施が始まる軍備拡張計画に主な焦点を当てて、成立経緯と実施経過およびその影響について日清戦争期まで分析し、海軍軍拡の政治経済的意義を考察する。

[目次]
序 章 なぜ「軍備拡張計画」に着目するのか
第1章 長期軍備拡張計画の成立 
第2章 長期計画に基づく海軍軍備拡張の開始
第3章 長期軍拡計画の再編と軍拡構想の変遷
第4章 再編海軍軍拡期における艦船整備の動向
第5章 艦船国内建造体制の形成と展開
補 論 海軍省所管製鋼所案の再検討
終 章 日清戦後軍拡の開始―海軍軍拡長期計画の復活―

[著者プロフィール]
池田 憲隆 (イケダ ノリタカ) (著)
1955年生まれ。弘前大学名誉教授
かごに入れる
気になる本に追加
クレジットカード使用可 銀行振込可 代引き不可 公費可 海外発送可
6,000
池田 憲隆 、有志舎 、2022 、308p. 、A5判
有志舎の直販窓口です。本体価格(消費税分サービス)+送料でお届けします。領収証等ご入用の場合は、ご注文時にお申し付けください。公費(掛払い)でのご購入も承っております。 [紹介] 近代日本の海軍軍備拡張は当時の政治経済に大きな影響を与えた。この実施にあたっては一定の軍備構想に基づいた計画が策定される必要があり、それは国内政治や外交政策と密接な関連をもって成立する。また、その実施は軍事力の変化をもたらすとともに経済や多方面に大きな影響を与え、政治・外交にフィードバックされていく。本書は、1883年に実施が始まる軍備拡張計画に主な焦点を当てて、成立経緯と実施経過およびその影響について日清戦争期まで分析し、海軍軍拡の政治経済的意義を考察する。 [目次] 序 章 なぜ「軍備拡張計画」に着目するのか 第1章 長期軍備拡張計画の成立  第2章 長期計画に基づく海軍軍備拡張の開始 第3章 長期軍拡計画の再編と軍拡構想の変遷 第4章 再編海軍軍拡期における艦船整備の動向 第5章 艦船国内建造体制の形成と展開 補 論 海軍省所管製鋼所案の再検討 終 章 日清戦後軍拡の開始―海軍軍拡長期計画の復活― [著者プロフィール] 池田 憲隆 (イケダ ノリタカ) (著) 1955年生まれ。弘前大学名誉教授

◆新品◆ 近代日本海軍の政治経済史 「軍備拡張計画」の展開とその影響

コクテイル書房
 東京都杉並区高円寺北
6,000
池田 憲隆、有志舎、2022、308p.、A5判
有志舎の直販窓口です。本体価格(消費税分サービス)+送料でお届けします。領収証等ご入用の場合は、ご注文時にお申し付けください。公費(掛払い)でのご購入も承っております。

[紹介]
近代日本の海軍軍備拡張は当時の政治経済に大きな影響を与えた。この実施にあたっては一定の軍備構想に基づいた計画が策定される必要があり、それは国内政治や外交政策と密接な関連をもって成立する。また、その実施は軍事力の変化をもたらすとともに経済や多方面に大きな影響を与え、政治・外交にフィードバックされていく。本書は、1883年に実施が始まる軍備拡張計画に主な焦点を当てて、成立経緯と実施経過およびその影響について日清戦争期まで分析し、海軍軍拡の政治経済的意義を考察する。

[目次]
序 章 なぜ「軍備拡張計画」に着目するのか
第1章 長期軍備拡張計画の成立 
第2章 長期計画に基づく海軍軍備拡張の開始
第3章 長期軍拡計画の再編と軍拡構想の変遷
第4章 再編海軍軍拡期における艦船整備の動向
第5章 艦船国内建造体制の形成と展開
補 論 海軍省所管製鋼所案の再検討
終 章 日清戦後軍拡の開始―海軍軍拡長期計画の復活―

[著者プロフィール]
池田 憲隆 (イケダ ノリタカ) (著)
1955年生まれ。弘前大学名誉教授
かごに入れる
気になる本に追加
クレジットカード使用可 銀行振込可 代引き不可 公費可 海外発送可
6,000
池田 憲隆 、有志舎 、2022 、308p. 、A5判
有志舎の直販窓口です。本体価格(消費税分サービス)+送料でお届けします。領収証等ご入用の場合は、ご注文時にお申し付けください。公費(掛払い)でのご購入も承っております。 [紹介] 近代日本の海軍軍備拡張は当時の政治経済に大きな影響を与えた。この実施にあたっては一定の軍備構想に基づいた計画が策定される必要があり、それは国内政治や外交政策と密接な関連をもって成立する。また、その実施は軍事力の変化をもたらすとともに経済や多方面に大きな影響を与え、政治・外交にフィードバックされていく。本書は、1883年に実施が始まる軍備拡張計画に主な焦点を当てて、成立経緯と実施経過およびその影響について日清戦争期まで分析し、海軍軍拡の政治経済的意義を考察する。 [目次] 序 章 なぜ「軍備拡張計画」に着目するのか 第1章 長期軍備拡張計画の成立  第2章 長期計画に基づく海軍軍備拡張の開始 第3章 長期軍拡計画の再編と軍拡構想の変遷 第4章 再編海軍軍拡期における艦船整備の動向 第5章 艦船国内建造体制の形成と展開 補 論 海軍省所管製鋼所案の再検討 終 章 日清戦後軍拡の開始―海軍軍拡長期計画の復活― [著者プロフィール] 池田 憲隆 (イケダ ノリタカ) (著) 1955年生まれ。弘前大学名誉教授

◆新品◆ 近代日本海軍の政治経済史 「軍備拡張計画」の展開とその影響

コクテイル書房
 東京都杉並区高円寺北
6,000
池田 憲隆、有志舎、2022、308p.、A5判
有志舎の直販窓口です。本体価格(消費税分サービス)+送料でお届けします。領収証等ご入用の場合は、ご注文時にお申し付けください。公費(掛払い)でのご購入も承っております。

[紹介]
近代日本の海軍軍備拡張は当時の政治経済に大きな影響を与えた。この実施にあたっては一定の軍備構想に基づいた計画が策定される必要があり、それは国内政治や外交政策と密接な関連をもって成立する。また、その実施は軍事力の変化をもたらすとともに経済や多方面に大きな影響を与え、政治・外交にフィードバックされていく。本書は、1883年に実施が始まる軍備拡張計画に主な焦点を当てて、成立経緯と実施経過およびその影響について日清戦争期まで分析し、海軍軍拡の政治経済的意義を考察する。

[目次]
序 章 なぜ「軍備拡張計画」に着目するのか
第1章 長期軍備拡張計画の成立 
第2章 長期計画に基づく海軍軍備拡張の開始
第3章 長期軍拡計画の再編と軍拡構想の変遷
第4章 再編海軍軍拡期における艦船整備の動向
第5章 艦船国内建造体制の形成と展開
補 論 海軍省所管製鋼所案の再検討
終 章 日清戦後軍拡の開始―海軍軍拡長期計画の復活―

[著者プロフィール]
池田 憲隆 (イケダ ノリタカ) (著)
1955年生まれ。弘前大学名誉教授
かごに入れる
気になる本に追加
クレジットカード使用可 銀行振込可 代引き不可 公費可 海外発送可
6,000
池田 憲隆 、有志舎 、2022 、308p. 、A5判
有志舎の直販窓口です。本体価格(消費税分サービス)+送料でお届けします。領収証等ご入用の場合は、ご注文時にお申し付けください。公費(掛払い)でのご購入も承っております。 [紹介] 近代日本の海軍軍備拡張は当時の政治経済に大きな影響を与えた。この実施にあたっては一定の軍備構想に基づいた計画が策定される必要があり、それは国内政治や外交政策と密接な関連をもって成立する。また、その実施は軍事力の変化をもたらすとともに経済や多方面に大きな影響を与え、政治・外交にフィードバックされていく。本書は、1883年に実施が始まる軍備拡張計画に主な焦点を当てて、成立経緯と実施経過およびその影響について日清戦争期まで分析し、海軍軍拡の政治経済的意義を考察する。 [目次] 序 章 なぜ「軍備拡張計画」に着目するのか 第1章 長期軍備拡張計画の成立  第2章 長期計画に基づく海軍軍備拡張の開始 第3章 長期軍拡計画の再編と軍拡構想の変遷 第4章 再編海軍軍拡期における艦船整備の動向 第5章 艦船国内建造体制の形成と展開 補 論 海軍省所管製鋼所案の再検討 終 章 日清戦後軍拡の開始―海軍軍拡長期計画の復活― [著者プロフィール] 池田 憲隆 (イケダ ノリタカ) (著) 1955年生まれ。弘前大学名誉教授

◆新品◆ 近代日本海軍の政治経済史 「軍備拡張計画」の展開とその影響

コクテイル書房
 東京都杉並区高円寺北
6,000
池田 憲隆、有志舎、2022、308p.、A5判
有志舎の直販窓口です。本体価格(消費税分サービス)+送料でお届けします。領収証等ご入用の場合は、ご注文時にお申し付けください。公費(掛払い)でのご購入も承っております。

[紹介]
近代日本の海軍軍備拡張は当時の政治経済に大きな影響を与えた。この実施にあたっては一定の軍備構想に基づいた計画が策定される必要があり、それは国内政治や外交政策と密接な関連をもって成立する。また、その実施は軍事力の変化をもたらすとともに経済や多方面に大きな影響を与え、政治・外交にフィードバックされていく。本書は、1883年に実施が始まる軍備拡張計画に主な焦点を当てて、成立経緯と実施経過およびその影響について日清戦争期まで分析し、海軍軍拡の政治経済的意義を考察する。

[目次]
序 章 なぜ「軍備拡張計画」に着目するのか
第1章 長期軍備拡張計画の成立 
第2章 長期計画に基づく海軍軍備拡張の開始
第3章 長期軍拡計画の再編と軍拡構想の変遷
第4章 再編海軍軍拡期における艦船整備の動向
第5章 艦船国内建造体制の形成と展開
補 論 海軍省所管製鋼所案の再検討
終 章 日清戦後軍拡の開始―海軍軍拡長期計画の復活―

[著者プロフィール]
池田 憲隆 (イケダ ノリタカ) (著)
1955年生まれ。弘前大学名誉教授
かごに入れる
気になる本に追加
クレジットカード使用可 銀行振込可 代引き不可 公費可 海外発送可
6,000
池田 憲隆 、有志舎 、2022 、308p. 、A5判
有志舎の直販窓口です。本体価格(消費税分サービス)+送料でお届けします。領収証等ご入用の場合は、ご注文時にお申し付けください。公費(掛払い)でのご購入も承っております。 [紹介] 近代日本の海軍軍備拡張は当時の政治経済に大きな影響を与えた。この実施にあたっては一定の軍備構想に基づいた計画が策定される必要があり、それは国内政治や外交政策と密接な関連をもって成立する。また、その実施は軍事力の変化をもたらすとともに経済や多方面に大きな影響を与え、政治・外交にフィードバックされていく。本書は、1883年に実施が始まる軍備拡張計画に主な焦点を当てて、成立経緯と実施経過およびその影響について日清戦争期まで分析し、海軍軍拡の政治経済的意義を考察する。 [目次] 序 章 なぜ「軍備拡張計画」に着目するのか 第1章 長期軍備拡張計画の成立  第2章 長期計画に基づく海軍軍備拡張の開始 第3章 長期軍拡計画の再編と軍拡構想の変遷 第4章 再編海軍軍拡期における艦船整備の動向 第5章 艦船国内建造体制の形成と展開 補 論 海軍省所管製鋼所案の再検討 終 章 日清戦後軍拡の開始―海軍軍拡長期計画の復活― [著者プロフィール] 池田 憲隆 (イケダ ノリタカ) (著) 1955年生まれ。弘前大学名誉教授

◆新品◆ 近代日本海軍の政治経済史 「軍備拡張計画」の展開とその影響

コクテイル書房
 東京都杉並区高円寺北
6,000
池田 憲隆、有志舎、2022、308p.、A5判
有志舎の直販窓口です。本体価格(消費税分サービス)+送料でお届けします。領収証等ご入用の場合は、ご注文時にお申し付けください。公費(掛払い)でのご購入も承っております。

[紹介]
近代日本の海軍軍備拡張は当時の政治経済に大きな影響を与えた。この実施にあたっては一定の軍備構想に基づいた計画が策定される必要があり、それは国内政治や外交政策と密接な関連をもって成立する。また、その実施は軍事力の変化をもたらすとともに経済や多方面に大きな影響を与え、政治・外交にフィードバックされていく。本書は、1883年に実施が始まる軍備拡張計画に主な焦点を当てて、成立経緯と実施経過およびその影響について日清戦争期まで分析し、海軍軍拡の政治経済的意義を考察する。

[目次]
序 章 なぜ「軍備拡張計画」に着目するのか
第1章 長期軍備拡張計画の成立 
第2章 長期計画に基づく海軍軍備拡張の開始
第3章 長期軍拡計画の再編と軍拡構想の変遷
第4章 再編海軍軍拡期における艦船整備の動向
第5章 艦船国内建造体制の形成と展開
補 論 海軍省所管製鋼所案の再検討
終 章 日清戦後軍拡の開始―海軍軍拡長期計画の復活―

[著者プロフィール]
池田 憲隆 (イケダ ノリタカ) (著)
1955年生まれ。弘前大学名誉教授
かごに入れる
気になる本に追加
クレジットカード使用可 銀行振込可 代引き不可 公費可 海外発送可
6,000
池田 憲隆 、有志舎 、2022 、308p. 、A5判
有志舎の直販窓口です。本体価格(消費税分サービス)+送料でお届けします。領収証等ご入用の場合は、ご注文時にお申し付けください。公費(掛払い)でのご購入も承っております。 [紹介] 近代日本の海軍軍備拡張は当時の政治経済に大きな影響を与えた。この実施にあたっては一定の軍備構想に基づいた計画が策定される必要があり、それは国内政治や外交政策と密接な関連をもって成立する。また、その実施は軍事力の変化をもたらすとともに経済や多方面に大きな影響を与え、政治・外交にフィードバックされていく。本書は、1883年に実施が始まる軍備拡張計画に主な焦点を当てて、成立経緯と実施経過およびその影響について日清戦争期まで分析し、海軍軍拡の政治経済的意義を考察する。 [目次] 序 章 なぜ「軍備拡張計画」に着目するのか 第1章 長期軍備拡張計画の成立  第2章 長期計画に基づく海軍軍備拡張の開始 第3章 長期軍拡計画の再編と軍拡構想の変遷 第4章 再編海軍軍拡期における艦船整備の動向 第5章 艦船国内建造体制の形成と展開 補 論 海軍省所管製鋼所案の再検討 終 章 日清戦後軍拡の開始―海軍軍拡長期計画の復活― [著者プロフィール] 池田 憲隆 (イケダ ノリタカ) (著) 1955年生まれ。弘前大学名誉教授

お探しの古書は見つかりましたか?

在庫検索から見つからなかった場合は、書誌(カタログ)からも検索できます。
お探しの古書が登録されていれば、在庫が無い本や条件に合わない本についても、こちらからリクエストを行うことができます。
書誌(カタログ)から探す

日米和親条約170年 - 日本の開国、大航海時代

黒船物語
黒船物語
¥1,100
航海者
航海者
¥2,540
黒船談叢
黒船談叢
¥52,800

明六雑誌150年 - 様々な雑誌、雑誌の世界

舞踏
舞踏
¥50,000