文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

古書を探す

メールマガジン記事 日本の古本屋メールマガジン2006

日本の古本屋メールマガジン その46 8月24日号

■■■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■■■
 。*..*.:☆.:*・日本の古本屋メールマガジン・*:.☆.:*..*。
     。.☆.:* その46・8月24日号 *:.☆. 。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメールは日本の古本屋会員の方で、メールマガジンの配信を
希望された方にお送りしています。
ご不要な方の解除方法はメール下部にございます。
【日本の古本屋】は全国745書店参加、データ459万点掲載
の古書籍データベースです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆INDEX◆
1.自著を語るその19・『本の手帳』を創刊する
2.「古本屋が書いた本」展目録
3.日本の古本屋即売展情報

–─–─–─–─–─–─–─–─–─–─–─–─–─–─–─-

※ このメールはMSゴシックで編集しております。読みづらい場合
は、お手持ちのパソコンの設定をご変更下さい。
 【変更方法:アウトルックエクスプレスの場合】
  メニューバーの [ツール] → [オプション] → [読み取り]タブ
  →[フォント]ボタン(読み取り画面の下の方にございます)
  → “MSゴシック”を設定すると変更されます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「自著を語る」コーナー、今回は大貫伸樹氏に『本の手帳』創刊号
(本の手帳社)について語って頂きました。

■『本の手帳』を創刊する■

「無類の本好き」を自称する二人が小さな雑誌「本の手帳」を創刊
することになった。
 本好きといっても、本をただ読むだけではなく、書物や書物の周
辺のものを集め、それらをモノとして「愛で」、「観察」し、「考
察」を加える。この三拍子そろった書物フェティシズムぶりが二人
の共通項といえそうだ。
 発行するきっかけは、私たち二人が長い間寄稿させていただいて
きた「紙魚の手帳」を主宰していた多川精一さんから、ご高齢のた
め「全面的に委譲したいのだが引き受けてくれまいか」と打診され
たことから始まった。しかし、具体的に引受け作業をしていくと、
小冊子にしてはあまりにも負債額が大きく、返済困難と思われその
まま引継ぐというわけにはいかなかった。混乱を避けるため、やむ
を得ず新名称「本の手帳」で創刊することになった。

 引き継ぎの話が出たとき、田中栞さんが「わたしは編集長をやる
から、大貫さんは社長をやってよ」という一言で人事が決定。反論
もせず、ぼやぼやしているうちに慣れない経営雑務から編集雑務、
営業雑務などをやらざるを得なくなる。きっとこれが出版社の社長
の仕事なのだろう。
 執筆や編集は多少の経験があるが、一介のブックデザイナーでし
かない私が、たとえ小出版社といえども社長を引き受けるなどとは
まさに青天の霹靂で、本は一体どうやって売るのか?ということす
らも知らない体たらくなのだ。「紙魚の手帳」の実績があるではな
いかとおっしゃるかも知れないが、売り上げはわずか百数十名の定
期購読料だけしかなかったので、この営業方法を引き継いだのでは、
創刊号のみで即廃刊になってしまう。

 かつて8号で廃刊になってしまった中年口論社刊、気刊「中年ジ
ャンプ」の発行をしたことがあるが、これは経験というにはあまり
にもお粗末。なにしろ気が向いたら発行する「気刊」誌であり、お
まけに予約購読料は奉納金と称して一度収めた予約金は返金しない、
を建前としているなど、世間の常識が通らないだけではなく、発行
者側の勝手ばかりがまかり通っていたからだ。それでも1000部
発行していたのだから驚きだ。
 さりとて、尻を捲って「ヤーメタ」というわけにもいかない事情
が発生してしまった。あっという間に定期購読料が50万円を超え
て集まってしまったのだ。中にはありがたい事に2万円もの大金を
振り込んでいただいた篤志家も数名いた。年2回発行としたら10
年分にあたる。ブタもおだてりゃなんとやら、で、こんなエールに
はめっきり弱いお調子者だから、ついつい先の事など考えずに、次
の号も出して見ようかな、てなことになる。

 私たちの実質的な創刊号は「おしゃれな蔵書票」を特集した「紙
魚の手帳」36号で、田中栞さんが一人で編集をやった。いざ印刷
が終って納品されると多川さんからは「印刷代などの経費は出せな
い」といわれ、マッチ売りの少女ならぬ「ブック売りのおじさん」
よろしく出来上がった本を売りまわり、自分たちで支払いをしなけ
ればならなくなった。
 これが、私たちが「本の手帳」を発刊するにいたった直接の動機
といってもよい。書店巡りでの米つきバッタやイベント会場での売
り子さんなど、貴重なフィールドワークを初体験する。
 「紙魚の手帳」36号は、それまでの「紙魚の手帳」の10倍近
い部数を売って(今も売り続けているが)思いのほか健闘した。し
かし、情けないかな経験がない事が発行部数の読みの甘さに表れ、
たくさん刷り過ぎてしまった。「これくらい売れたらいいのになぁ」
という夢の部数を印刷してしまったのだ。

 そんなプレ創刊号ともいうべき「紙魚の手帳」36号での失敗を
しっかり学習して、「本の手帳」創刊号では、半分近くまで発行部
数を減らした。猪突猛進の田中編集長は前号の企画好評に気を良く
したのか、またも「蔵書票まつり」という特集を組んだ。そしてま
た第3号でも蔵書票の特集号を出す、と宣言している。頭の中は蔵
書票一色なのか。一度口に出したら決して引っ込めない栞流だから、
倒産でもしない限りそうなるだろう。
 その間、「第2号は大貫さん一人で全部書いたら」というのが、
編集長から出された企画案だ。そう言えば私には、自ら買って出て
編集長を体験した「紙魚の手帳」30号の「編集の現場より」では、
創刊以来初めて在庫ゼロ号を編集したという輝かしい伝説を打ち立
てた実績がある。この際だから、柳の下のドジョウ企画「編集者た
ちのマイブーム」を特集して新しい伝説を作ってやるか。成功すれ
ば社長兼編集長へと一気に出世するはず。

 自己主張だけは人一倍強い二人、経営センスにも金銭感覚にも疎
い二人が出版社をやろうなんて、出版社を興せば自分の好きな企画
で好きな事が書けるはず、と勘違いして始めたに違いない。
 『古本屋の女房』(平凡社、2004)こと田中栞と、『装丁探
索』(平凡社、2003年)屋の大貫伸樹が、二人三脚で繰り出す
小冊子。果たして足並み揃えてどこまで走る事が出来るのか、実況
版顛末記を篤とご覧あれ。乞うご期待。乞うご購読。
 「本の手帳」創刊号、A5判48頁、840円(税込み)。呂古
書房、書肆アクセス、東京堂などで発売中。

■大貫伸樹 おおぬきしんじゅ■

1949年、茨城県常陸大宮市生まれ。
東京造形大学デザイン科卒業。
(有)大貫デザイン事務所代表。日本出版学会会員。
東京製本倶楽部会員。日本図書設計家協会会員。
毎日カルチャーシティ、さいたま文学館、東京古書会館、中京大学、
東京造形大学などで多数講演。11月3日、三岸節子美術館で講演
予定。NHKテレビ「美の壺」出演、10月放映予定。
主な著書に『装丁探索』(平凡社、2003年)、
『製本探索』(印刷学会出版部、2004年)、
『装丁散策』(胡蝶の会、2004年)、「本の手帳」主宰など。
2004年ゲスナー賞銀賞受賞、2004年造本装幀コンクール
日本書籍出版協会理事長賞受賞。

蔵書票楽会 http://blogs.yahoo.co.jp/higetotyonmage
造本探検隊 http://d.hatena.ne.jp/shinju-oonuki/

■『本の手帳』創刊号■

編集制作:大貫伸樹・田中栞
(田中栞さんブログ→ http://blogs.yahoo.co.jp/azusa12111 )
発行:本の手帳社
 〒160-0004
   新宿区四谷4-24 中島第一ビル9F-C
   大貫デザイン事務所方 
   電話:03-3355-4769
   FAX:03-3225-0957
   2006年7月発行
定価:840円(本体:800円)
判型:A5判
頁数:48ページ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■「古本屋が書いた本」展目録■

2005年4月21日から4月24日まで東京古書会館にて
行われました「古本屋が書いた本」展に合わせて目録を発行
いたしました。

http://www.kosho.ne.jp/event/chosaku.htm

B5判、52ページ、700点以上もの著作を掲載。
1部500円(+送料210円)。

まだ残部がございますので、ご希望の方は、本代500円+送料
210円合計710円分の切手を同封のうえ、郵便番号、住所、
氏名、電話番号を明記のうえ郵便にて下記までお申し込み下さい。

101-0052
東京都千代田区神田小川町3-22
東京古書組合・広報部 

まで。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■日本の古本屋 即売展情報■

8月~10月の即売展情報

http://www.kosho.or.jp/servlet/sokubai.ksB001

新宿展の日程が変更になっております。
最新情報をご確認下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本の古本屋バックナンバーは以下のURLからご覧いただけます。
見逃したメールマガジンはここからチェック!
【バックナンバーコーナー】

http://www.kosho.ne.jp/melma/

次回は2006年9月下旬頃発行です。
お楽しみに!

*゜*.:*☆ 本を売るときは、全古書連加盟の古書店で ☆*.:*゜*
全古書連は全国古書籍商組合連合会(2,400店加盟)の略称です

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本の古本屋メールマガジンその46 2006.8.24

【発行】東京都古書籍商業協同組合:広報部・事業部・TKI
    東京都千代田区神田小川町3-22 東京古書会館
    E-Mail melma@kosho.ne.jp (メールマガジン専用)
    URL  http://www.kosho.or.jp/

【発行者】
    広報部:中野照司 藤原栄志郎
    事業部:田中隆志
    TKI:岩森正文

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  • 日本の古本屋 メールマガジン バックナンバー
  • 特集アーカイブ
  • 全古書連加盟店へ 本をお売り下さい
  • カテゴリ一覧

おすすめの特集ページ

  • 直木賞受賞作
  • 芥川賞受賞作
  • 古本屋に登録されている日本の小説家の上位100選 日本の小説家100選
  • 著者別ベストセラー
  • ベストセラー出版社

関連サイト

  • 東京の古本屋
  • 全国古書籍商組合連合会 古書組合一覧
  • 想 IMAGINE
  • 版元ドットコム
  • 近刊検索ベータ
  • 書評ニュース