文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

古書を探す

2018年2月23日 第245号

■■■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■■■
 。*..*.:☆.:*・日本の古本屋メールマガジン・*:.☆.:*..*。
     。.☆.:* その245・2月23日号 *:.☆. 。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメールは「日本の古本屋会員」の方で、メールマガジンの配信
を希望された方にお送りしています。
ご不要な方の解除方法はメール下部をご覧下さい。
【日本の古本屋】は全国930書店参加、データ約600万点掲載
の古書籍データベースです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆INDEX☆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
1.『近世読者とそのゆくえ ―読書と書籍流通の近世・近代』
                        鈴木俊幸

2. (公財)たましん地域文化財団の季刊郷土誌『多摩のあゆみ』
   第169号「デジタル地図でみる多摩の歴史」のご紹介
    (公財)たましん地域文化財団 歴史資料室 坂田 宏之

3.『日本メディア史年表』について
                吉田則昭(立教大学兼任講師)

4.古本屋ツアー・イン・ジャパンの2017年総決算報告
                古本屋ツーリスト 小山力也

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

━━━━━━━━━━━【自著を語る(201)】━━━━━━━━━━

『近世読者とそのゆくえ ―読書と書籍流通の近世・近代』

                        鈴木俊幸



旧著『江戸の読書熱』(2007年、平凡社)で触れたが、書籍その
もの、それを生み出し流通させていくシステム、また大方の書籍へ
の接し方は、江戸時代の後期、19世紀になって大きな変化を見せる。
それは、民間における知の底上げに根ざすものであった。


続きはこちら
/wppost/plg_WpPost_post.php?postid=3695


『近世読者とそのゆくえ 読書と書籍流通の近世・近代』 鈴木俊幸 著
 平凡社 本体 : 7,400円+税 好評発売中!
 http://www.heibonsha.co.jp/book/b325541.html



━━━━━━━━━━━【自著を語る番外編】━━━━━━━━━━

(公財)たましん地域文化財団の季刊郷土誌『多摩のあゆみ』
第169号「デジタル地図でみる多摩の歴史」のご紹介


      (公財)たましん地域文化財団 歴史資料室 坂田 宏之



私ども(公財)たましん地域文化財団の郷土誌『多摩のあゆみ』は、
昭和50年(1975)11月、当財団の設立母体である多摩中央信用金庫
(現・多摩信用金庫)が店頭で無償配布する「茶の間の郷土誌」と
して創刊されました。以来、2・5・8・11月の各15日発行の季刊誌と
して、東京都の西部に位置する多摩地域の歴史・民俗・地理・自然
などをテーマに、論考や情報などを掲載しています(A5判、毎号120
頁前後、発行部数14,000部)。現在も多摩地域に82店舗ある多摩信
用金庫各店で、無料で入手できます。

続きはこちら
/wppost/plg_WpPost_post.php?postid=3706


公益財団法人 たましん地域文化財団
http://www.tamashin.or.jp/index.html


『多摩のあゆみ』ホームページ
http://www.tamashin.or.jp/ayumi/index.html


━━━━━━━━━━━【自著を語る番外編】━━━━━━━━━

『日本メディア史年表』について


                吉田則昭(立教大学兼任講師)



 今日、新聞・テレビなど従来のマスメディアに加え、インターネ
ット・SNSなど、新旧メディアが入り乱れて、メディア大激変の
時代となっている。メディア史は近現代史の一部でもあるが、独自
の領域を持っている。しかし、この自明のことが正面から取り上げ
られることは少なかった。

続きはこちら
/wppost/plg_WpPost_post.php?postid=3702


『日本メディア史年表』 著者 土屋礼子 編
吉川弘文館 定価:本体6,500円+税 好評発売中!
http://www.yoshikawa-k.co.jp/book/b329681.html

━━━━━━━━━【古本屋ツアーインジャパン】━━━━━━━



古本屋ツアー・イン・ジャパンの2017年総決算報告


                古本屋ツーリスト 小山力也



 すでに2018年がスタートして二ヶ月が経ってしまったが、遅れば
せながら2017年を一言で言い表すと、『どうにか乗り切った一年』
が相応しいだろう。結局上半期にボヤいていた『遠出が出来ない状
況』が、ズルズルと一年間続いてしまった。恐ろしいことに地方に
行けたのは、十一月に目黒考二氏とのトークイベント開催に便乗し
て乗り込んだ、愛知・中京競馬場前「安藤書店」(夕方に早くも沈
み込む街の駅前で輝く、深い棚造りに長けた良店であった)の一店
だけであった。その他のおよそ364日は、東京周辺の古本屋さんを巡
りまくり、ウダウダダラダラと古本を買って過ごしていたのである。

続きはこちら
/wppost/plg_WpPost_post.php?postid=3714


小山力也
2008年5月からスタートした、日本全国の古本屋&古本が売ってい
る場所の、全調査踏破を目指す無謀なブログ『古本屋ツアー・イン
・ジャパン』管理人。「フォニャルフ」の屋号で古本販売に従事す
ることも。古本屋に関する著書ばかりを出し続けており、それらの
出版社や形状は違えど、全部を並べたらいつしか“日本古本屋大全
集”となってしまうよう、秘かに画策している。「本の雑誌」にて
『毎日でも通いたい古本屋さん』連載中。
 http://furuhonya-tour.seesaa.net/

━━━━━━━━━━━━━【次回予告】━━━━━━━━━━━

沙羅書房 創業50周年記念誌 『古書の道』
1冊 2,500円 送料込
http://www.sara-shobo.com/news/20170623.html


『望星』3月号 古書・品切れ・絶版に宝物あり!
株式会社東海教育研究所 本体556円+税 好評発売中!
http://www.tokaiedu.co.jp/bosei/


━━━━━━━━━【日本の古本屋即売展情報】━━━━━━━━


2月~3月の即売展情報

https://www.kosho.or.jp/event/list.php?mode=init

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


見逃したメールマガジンはここからチェック!
 【バックナンバーコーナー】
https://www.kosho.or.jp/wppost/plg_WpPost_category.php?catid=22


┌─────────────────────────┐
 次回は2018年3月中旬頃発行です。お楽しみに!
└─────────────────────────┘


*☆ 本を売るときは、全古書連加盟の全国の古書店に ☆*
全古書連は全国古書籍商組合連合会(2,200店加盟)の略称です

https://www.kosho.or.jp/buyer/list.php?mode=from_banner

==============================


日本の古本屋メールマガジンその245 2018.2.23

【発行】
 東京都古書籍商業協同組合:広報部・「日本の古本屋事業部」
 東京都千代田区神田小川町3-22 東京古書会館
 URL  http://www.kosho.or.jp/


【発行者】
 広報部:小野祥之
編集長:藤原栄志郎

==============================

  • 日本の古本屋 メールマガジン バックナンバー
  • 特集アーカイブ
  • 全古書連加盟店へ 本をお売り下さい
  • カテゴリ一覧

おすすめの特集ページ

  • 直木賞受賞作
  • 芥川賞受賞作
  • 古本屋に登録されている日本の小説家の上位100選 日本の小説家100選
  • 著者別ベストセラー
  • ベストセラー出版社

関連サイト

  • 東京の古本屋
  • 全国古書籍商組合連合会 古書組合一覧
  • 想 IMAGINE
  • 版元ドットコム
  • 近刊検索ベータ
  • 書評ニュース