文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

古書を探す

『熊楠と猫』

『熊楠と猫』

志村真幸


水木しげるの『猫楠』は南方熊楠を主人公とした漫画だ。熊楠についてよく調べられ、我々研究者から見ても違和感がない。なにより優れているのは、熊楠を猫という切り口から描いた点だろう(ただし、荒唐無稽に過ぎる面もあって、先日は授業で学生から「熊楠って猫と会話できたんですよね?」と質問された)。

 熊楠は生涯を猫とともに暮らし、しばしば論文のテーマにとりあげ、無数の猫の絵を残した。『熊楠と猫』は、そんな熊楠と猫についてのすべてを集めた本である。猫の絵も100点近くが収録されている。
 本書は、2015年に南方熊楠顕彰館(和歌山県田辺市)で開かれた展覧会をもとにしてつくられた。そもそも展覧会のきっかけは、熊楠の猫の絵があまりに魅力的なことにあった。でっぷりと太っていて、図々しく、油断しきっており、ご満悦な表情を浮かべている。熊楠がどれほどかわいがり、甘やかしていたか伝わってくる。

 熊楠の猫たちは思わぬところに潜んでいる。日記の片隅に描かれていたり、反古の裏に悪戯書きがあったり、論文で難解な概念を説明するのに使われていたり。展示では一部しか出せなかったが、こんなにあるなら本にしなければもったいないということで、『熊楠と猫』が生まれたのだ。

 編集作業中に、熊楠が飼っていた猫の写真が出てきたのにくわえ、熊楠が日本で広く知られるようになった論文である「猫一疋の力に憑って大富となりし人の話として」の続編が3篇も新発見された。これらを収録できた点でも、『熊楠と猫』は意義深いものとなっている。
 なお、本書の出版を記念して、6月5日~10日に、高円寺の来舎ギャラリーにて「熊楠と猫」展(南方熊楠顕彰館:後援)を開催する。



kumagusu
『熊楠と猫』
著者:南方 熊楠・杉山 和也・志村 真幸・岸本 昌也・伊藤 慎吾
共和国刊 価格 2,300円+税 好評発売中!
http://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784907986360



「熊楠と猫」展
南方熊楠と自由で不思議な愛猫たち
2018/6/5(火)~6/10(日) in 高円寺来舎
12:00~18:00
https://gallerykiya.jp/?p=2583

Copyright (c) 2018 東京都古書籍商業協同組合

  • 日本の古本屋 メールマガジン バックナンバー
  • 全古書連加盟店へ 本をお売り下さい
  • カテゴリ一覧

おすすめの特集ページ

  • 直木賞受賞作
  • 芥川賞受賞作
  • 古本屋に登録されている日本の小説家の上位100選 日本の小説家100選
  • 著者別ベストセラー
  • ベストセラー出版社

関連サイト

  • 東京の古本屋
  • 全国古書籍商組合連合会 古書組合一覧
  • 想 IMAGINE
  • 版元ドットコム
  • 近刊検索ベータ
  • 書評ニュース